マガジンのカバー画像

ストーリージェニックな名刺の作り方

4
上司ニシグチが手掛けた名刺デザインの制作プロセス(受注から納品まで)をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

ストーリージェニックな名刺の作り方 〜フォトグラファー クロカワさん編〜

はじめに4月の下旬ごろ。このツイートの写真を見て、思わずリツイートとファボ、フォローまでしたのを、今でもはっきりと覚えている。 その人の名は、フォトグラファーのクロカワリュートさん。 まさか、こんなオシャレでキュートな写真を撮るクロカワさんの名刺のデザインを手掛けることになろうとは、そのときは知るよしもなかった。 *** ある日、突然クロカワさんからメッセージが届いた。 クロカワさん:相談なのですが、名刺をそろそろちゃんと作ろうかなと思っています。名刺企画を見て

スキ
418

ストーリージェニックな名刺の作り方 〜レタッチャー 大谷さん編〜

今回は1つのDMから物語は始まったちょうど前回の記事 (〜るってぃさん編〜) を書いているときに、1通のDMが届いた。おもむろにDMを開けてみると、Twitterでいつもお世話になっているレタッチャーの大谷さんからでした。 セミナー用に名刺を改めて作ろうかと検討中なのですが、ニシグチさんにデザインから印刷までお願いする事ってできたりしますか? 正直「まさか、あの大谷さんの名刺をデザインさせていただけるとは、有り難きしあわせ…」といった感じでした(笑)というのも、私がTwi

スキ
215

ストーリージェニックな名刺の作り方 〜プロ無職 るってぃさん編〜

−目次− ・今回も1つのツイートから物語は始まった ・「るってぃさんと言えば…」で考えた名刺のコンセプト ・同音異字の「無色」というワードから生まれた現代のキーワード ・ご依頼から納品までの期間はわずか10日間 ・ストーリージェニックな"3つのデザイン要素"  1)背景が白い場所に置くと、文字が消えるギミック  2)背景によって、名刺の色が可変する設計  3)透明の名刺ケースで、より一体感を演出 ・"スピードはクオリティーの一部である"という真実 〜あとがき〜 今回も1つの

スキ
302

ストーリージェニックな名刺の作り方 〜フォトグラファー 宇野さん編〜

−目次− 1.すべてはこのツイートから始まった 2.まずはデザインを見てもらうところから始める 3.デザインを逆算して面白くなる動線を導き出す 4.相手の考え方や姿勢を表現するのもデザイナーの役目 5.作品の再現性を高めることが、何よりも大切 6.シンプルかつわかりやすいデザインにして提案する 7.自分の作品をプレゼントするように納品する 8.やっぱりプロのカメラマンに撮ってもらった方がいい 〜あとがき〜 すべてはこのツイートから始まったある日、頭の中にあった名刺のアイデア

スキ
420