見出し画像

私が本屋をしたい理由

初めまして。
BooksMajolie店主、Bookstylistのニワノです。

将来本屋開業を目標にしながら、Bookstylistとして個人の為に選書を行ったり、本のイベントに出たりと本の活動をしています。

そもそもなぜ本屋なのか。
自分のお店を持ちたい + 本が好き = 本屋
という理由です。
ではなぜ本が好きなのか。それは面白いから。

自分のお店を持ちたい理由は?
以前アパレル店員をしていた時、仲の良いお客様とスタッフの関係性の心地よさを実感しました。どのような仕事をしているのか、どこに住んでいるのか等を知らないにも関わらず、お店という場にいる時はとても仲良く接し話す。

そして一歩外に出ると赤の他人。
この距離感。
最高じゃないですか。


馴染みのお店に言った時の安心感。何か買いたいのではなく、あの人と話したいからお店に行く。 ちょっと日常から離れたひと時。

他人との距離感に悩んでいた時に、見つけた答えがこれでした。
これで生きて行くにはどうすればいいのだろう。
やはり自分のお店を持って、”仲の良いお客様”を作るのが一番だと考えました。

そこから本屋開業への道が始まります。
来年2019年には形にします!京都で!

2017年2月より活動開始して約1年半。
選書やイベントを通じて、ゆっくりとファンを増やして来ました。
これからも少しずつ増やして行きたいなあ。

その為に、改めて自分の分析マップを作成しました。



本、THE、洋服。
それらを合わせた自分のバリューは何なのか。

魅力的な本屋作りの為に、これから考えていこう。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
似合うめがねなら任せてください。
14
めがね舎ストライク PR | ビスポーク× めがねで、似合うについて探求してます ◀︎ 香りのプロジェクト 混ぜるな危険 ◀︎ プロダクトの歴史を探る「デザインの深堀」を週一で更新中 ◀︎ アパレル → プロダクト → 本屋 → めがね屋