日々について

明日を思う私に明日はなく
昨日を思う私に昨日はない
私を考える私に明日はなく
私を考える私に昨日はない

歴史をなぞり、
愛するものの温もりや形を確かめる時、
激しい衝動としての魂を
しみじみと感じられるだろう

私が存在している衝動がどこにあるのか
これからどこにゆけばよいのか
人は独りで、つまりは得体の知れない心の内の爆発に対応し、一つずつ対処しながら、言葉が生まれるよりも早く生きていくしかないのである

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
文章を書く練習の場の一つ ゲーム・音楽・ピアノ・哲学・小説などに関して記すことが多いと思います