見出し画像

完全USB-C時代までの過渡期に最強の急速充電器「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」

NEO TOKYO TV

徐々にUSB-Cデバイスが増えてきました。ケーブルも統一化できますし、ハイパワーで充電できるので非常に助かります。

早期に全てのデバイスがUSB-C端子に移行してくれるといいのですが、置き換わりにあと数年はかかるでしょう。

家の環境も徐々に移行させていくべく、この度「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」を購入しました。

こちらのUSB急速充電器はUSB PD対応の2つのUSB-Cポート使用時は最大45W&20Wの出力による急速充電が可能。

2つのUSB-CポートとUSB-Aポート使用時は最大40W&12W&12Wの出力で、幅広い機器を3台同時に充電できるスグレモノです。

USB-Cによるハイパワーば高速充電をこなしつつ、まだまだ使えるUSB-Aのケーブルも活用可能なところが、この規格移行期にピッタリの商品ですね。

こちらが到着した「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod

裏面には商品概要が記載されています。

取り出してみました。やや過剰な梱包ですね。

もう少し商品ピッタリサイズにして梱包材や配送コストの削減をしてもいいんじゃないでしょうか。余計なお世話かもしれませんがw

本体は想像以上に小さい!

3口あるアダプターなのでもう少し大きいデバイスなのかと想像していましたが、Ankerが誇る「GaN II」が小型化に相当寄与しているのが分かります。

ちなみにサイズは約38 x 29 x 66mm (プラグ部を除く)
重さは約130gです。

表面仕上もややマットな質感で触り心地も高級感がありますね。

一番上のノートパソコンのアイコンが書かれているのが最も高出力のUSB-Cポートですね。

これ1つ持ち歩けばMacBookとiPhoneが両方高速充電可能という使い勝手の良さが人気の理由でしょう。もはや純正のACアダプターは使う必要がありませんね。

そしてもう一点素晴らしいのが、こんなに多機能かつ小型なアダプターに関わらずプラグが折りたたみ式になっていること。持ち歩き時にはその真価を発揮してくれます。

プラグを引っ張り出すとこんな感じになります。プラグのサイズと本体のサイズを鑑みると、かなり小型なアダプターに仕上がっているのがご理解頂けるんじゃないでしょうか。

最新技術の「GaN II」で小型化され、ハイパワーなUSB-Cポートが2口ある上に、いざという時にまだまだ役に立つUSB-Aポートを搭載した、現時点で最強の多機能アダプター。

早速使っていますが、最高ですよ。あと数年はかかる規格移行期を快適に過す為に皆さんもお一つ如何でしょうか?

それではまた!

こちらも合わせてどうぞ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!