WOWOW開局30周年記念で長編アニメを制作!神山健治監督による『永遠の831』が発表
見出し画像

WOWOW開局30周年記念で長編アニメを制作!神山健治監督による『永遠の831』が発表

厳密には“アニメ映画”ではないのですが、気になる長編アニメが発表されたので紹介します。

WOWOW開局30周年記念作『永遠の831』が発表!

スクリーンショット 2021-08-03 21.53.34

WOWOWの開局30周年を記念して、オリジナル長編アニメーション『永遠の831』が2022年の1月に放送、そして配信が予定されていることが発表されました。監督・脚本を務めるのは、神山健治さんです。

神山健治
アニメーション映画監督であり、株式会社CRAFTARの共同CEOの一人。
ProductionI.G. 出身で、押井守監督の系譜にある御方。
代表作:『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『東のエデン』『009 RE:CYBORG』『ひるね姫〜知らないワタシのの物語〜』

劇場公開作品ではないながらも、長編作品であれば今後の動きにも要注目かな、と思いまして、取り上げておきました。

タイトルの831が何を意味しているのか(え......野菜?)、女の子がなぜか浮いているところとか気になりますね。

地味に頑張っているWOWOWさん

今回はWOWOWさんの30周年記念作品となっていますが、WOWOWさんといえば、今や当たり前となってきた有料映像配信サービスの先駆けとも言える存在でもあります。

有料テレビ局というイメージが強かったWOWOWさんですが、VODの時代にも適応して、2021年1月からは、テレビ無関係のWOWOWオンデマンドというサービスもスタートしています。

オリジナルコンテンツのノウハウも持っているので、最近では『太陽は動かない』のドラマシリーズも映画化を果たしたり、実は日本の有力映像メイカーの一つでもあったりします。

画像2

アニメーションに対しても一枚噛んでいたりして、企画・プロデュースに斎藤工さん、原案に片岡礼子さん、そして監督に『パカリアン』の秦俊子さんという布陣でクレイアニメーションの『オイラはビル群』を制作したりと、「なんぞ」という企画にも出資してくれています。

画像3

そんなWOWOWさんが節目の記念作品として、繰り出してくるのが長編アニメーション作品ということで、個人的には結構期待しています。

ワンチャン、劇場公開もあるんじゃないかと踏んでいるので、続報に気をつけておきますね。

============

noteのマガジンもほぼ毎日更新を実施中。
更新情報が届くので、ぜひフォローよろしくお願いします。

購読マガジンもやってます。
有料枠を気にせず読めるようになります。

過去のアーカイブも月間ベースでご購入いただけます。
買い切りの方で買ってくれても嬉しいです。

お仕事も絶賛募集中ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

nejimura@gmail.com

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年8月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年8月分まとめ。今月のテーマは『ワーナーとアニメーションのいま・むかし』。『スペース・…

月20回以上更新(多分)。一記事あたり25円以下でお楽しみいただける計算となっています。クレカ決済だと初月無料です。

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、海外アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com