『ONEPIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島』はなぜあんなことになってしまっているのか
見出し画像

『ONEPIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島』はなぜあんなことになってしまっているのか

劇場版ワンピの異色作『ONEPIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島』とは

今でこそ、劇場版ONE PIECEといえば、原作者の尾田栄一郎先生が監修していることでお馴染みですが、かつてはそんなこともなく、「えっ」と思わせる映画もいくつかあります。

中でも特にとんでもないことになっている映画が『ONEPIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島』ではないでしょうか。

画像1

ONEPIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島
製作年:2005年 / 製作国:日本
東映アニメーション
監督:細田守

画像引用:https://amzn.to/3y6N2oS

劇場版ONE PIECEシリーズの第6弾にして、今や日本を代表するアニメーション映画監督の一人である細田守監督が、東映アニメーションで最後に監督した映画が本作でした。

本作は、ルフィ率いる麦わらの一味が、オマツリ島にたどり着き、秘密の宝物を手に入れるべく、オマツリ男爵の試練を受けるという物語になっています。

それだけ聞くと、それほど変な映画にはならなそうになるのですが、なんとこの映画では、麦わらの一味が喧嘩をしてお互いの関係がぎこちなくなったり、ルフィが仲間を失うという衝撃の展開に踏み込んだり、さらには演出もグロッキーな感じに変容していき、これまで.....そしてこれ以降も原作では描かれなかったような麦わらの一味の姿が描かれます

上映前はこんなビジュアルを発表していた(↓)のに、とんでもないトラウマ映画となっていました。

画像2

良く言えば挑戦的で、悪く言えば“キャラ崩壊”にも踏み込んでいないかというバランス感の、なかなか危うい映画でした。そんな訳で、歴代のONE PIECEの映画シリーズの中でも、異色作として語られることの多い作品です。

なぜ、こんなことになっているのかは、実は細田守監督の“ある映画”に関係がありました.....

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。定期購読なら、お支払い月更新の記事は読み放題。ひと記事25円以下で読める計算になってます。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

この続きをみるには

この続き: 1,625文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年7月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年7月分まとめ。今月のテーマは『2D&3DのMIXが見せる地図のその先』。手描きアニメ…

または、記事単体で購入する

『ONEPIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島』はなぜあんなことになってしまっているのか

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com