見出し画像

使徒を認識するときはなぜ“パターンブルー”なのか?

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

興味深い話を知りました。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開延期にはなってしまったのですが、今月はいろんなところでエヴァンゲリオンの話を書かせてもらうことになり、エヴァンゲリオンについて色々調べさせてもらっているのですが、その際に知った話。

使徒を表す“パターンブルー”

画像1

出典:https://amzn.to/3oijlLW

エヴァンゲリオンシリーズで、敵として登場するキャラクターが“使徒”。
個体によっていろんな形状や特徴を持っていますが、その正体は作中ではあまり語られません。

正体不明すぎるこの使徒を、作中のキャラクターたちはどうやって使徒なのか、使徒でないのかを判別しているのかが気になるところですが、センサー的なもので、使徒の波長を感知して判別しているそう。

『パターンブルー、使徒です!』

と作中ではマヤさんが報告してくれるように、“青”だと認識されると使徒のようです。

何が青なのか、とよく見ると、モニター上には“BLOOD TYPE:BLUE”と書かれているので、血が青いということなのかもしれないですが、赤い血を流している奴も居たり、パターンブルー以外にもパターンオレンジやパターングリーンという表現もあるので、単純に血の色だけを表している訳でもないのかもしれないですね。

で、実はこの使徒をパターンブルーと称して判別することに対して、「なぜ青なのか」という答えがあるそうなのです。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブの買い切りのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

使徒の元ネタとなる邦画が存在する

この続きをみるには

この続き: 1,383文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年1月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年1月分まとめ。今月のテーマは『“セカイ”と“ワタシ”とアニメ映画』。

または、記事単体で購入する

使徒を認識するときはなぜ“パターンブルー”なのか?

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
2
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp