見出し画像

【映画レビュー】シリーズ全く追わずに行った『劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』の感想

久しぶり……でもない、シリーズ未見での鑑賞しました回です。

『劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』のざっくりとした感想

『劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』を観てきました。

劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編
制作年:2022年 / 制作国:日本
108分 / エイトビット制作 / PG12
監督:菊地康二

https://eiga.com/movie/95737/

「小説家になろう」発の人気ライトノベル「転生したらスライムだった件」を原作に2018年にTVアニメがスタートし、昨年2期(2部制)が放送されてからの流れで今年ついに初の劇場版を制作。原作者・伏瀬先生が自ら原案を務めたオリジナルストーリーが展開されます。

監督はTVアニメシリーズ1期の監督である菊地康仁氏、脚本もTVアニメシリーズから筆安一幸さんが続投しています。

私は、コミカライズ版のお試し1話を読んだことがある程度で、アニメシリーズは一切観たことがない、『転スラ』弱者なのですが、そんな私が本作を観にいった感想をざっくり一言で言うと……

けっこー辛い……

と言う悩ましい映画でした。

どういうところがイマイチだったのか、を詳しく書いていきます。


■ものすごく一見さんお断り映画!

事前に「初めてでも楽しめる」って感想も見ていたので、「やったぜ」と思って足を運んだものの、なんと全然一見さんお断り映画!

これは映画ゲストキャラなの?
既存キャラなの?
この人確か主人公だよね?
スライムじゃないの?
あ、スライムだわ。
この人すごい人なの?
強いの?
またなんか出てきた。
この人は味方なの?この人は敵なの?

みたいな疑問がどんどんどんどん出てくるんだけど、結構説明なし。
知らない人はなんとなく雰囲気で察してね、ぐらいのテンションなので、お世辞にも親切だとは思いませんでした。

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

一応物語の軸は、ヒイロとトワの話なので、全くストーリーがわからなくなるようなことはないんですが、主人公のリムルがその他の作品に比べると圧倒的に万能すぎる存在として活躍するので、ヒイロとトワの良い話のドラマが霞むように見えてしまいました。

これ、苦労してる周囲をリムルが無双していって気持ち良くなる感じのお話なんだろうな、と初見さんにも早々に気づいてもらえたら、もっと優しい映画になれた気がします。

一見さんには優しいとは全然言えない作品でした。


■全然心を動かされない茶番展開!?

主人公の無敵すぎる表面だけ見せられて、その背景がないから、ただ単に山のない物語に見えてしまうのは結構問題あるな、と悪い例として学びにもなりました。

作中では、女王のトワが何者かによって陥れられようとするのですが、ただでさえ主人公が簡単に解決に導いちゃう上に、中盤でかなりあっさり犯人を明かしちゃうもんだから、さらにびっくり。

観てるこちら側からしたら、ハラハラもドキドキもしない流れで進んでいくのですよね、この映画。

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

しかも、犯人がわかった状態で、さらにヒイロさんが騙されるという展開にはがっかり。ヒイロさんはかっこいいのに、あまりにも怪しいワナにまんまとハマっちゃうせいで、そのかっこよさも台無し。後の良い話の全てがチャラになるぐらい、鈍臭く見えてしまいました。

犯人の狡猾さをもっと出すとか、話の展開的にも黒幕とわからないように見せるとか、もっと騙されるような説得力を加えて欲しかったです。
これじゃあ茶番過ぎるよ!

最強すぎる主人公&犯人を早々に明かすので後半が茶番になっている。


■ヴィオレとの対決シーンは盛り上がれました、が?

唯一「面白くなってきた」と思えたのは、ディアブロとヴィオレが対峙するシーン

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

あまりにも強すぎる能力と布陣のリムルに対して、ついにそれに対抗してくるような高圧的なキャラクターが出てきた……映画のクライマックスはこいつとの対決か!?

と思いきや、そんなヴィオレもディアブロが圧倒。
まだまだヴィオレもこれで終わる感じではなさそうでしたが、結局リムルとの直接対決はなく、なんとなく今後のテレビシリーズに続くんだろうなぁ、という感じ。

映画でこそ大ネタをやってほしい派の私としては、その出し惜しみ感もちょっと残念でした。

リムルとヴィオレの直接対決観たかったなぁー。


まとめ

●一見さんには全く優しくないファン向け映画
●話の構造的に茶番に見えるようになっている。
●映画内での盛り上がりの山場のパンチが弱い

……ということで、ファンではないからこその感想として、ファンの皆様には許して欲しいのですが、結構イマイチな感想が漏れる映画でした。

主人公含む、たくさんのキャラの背景を知っていたらもっと楽しめたのかもしれないけど、それでも内容的にはTVスペシャルぐらいのサイズ感な気もしますが、どうなんでしょうね。

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ちなみに、映画ゲストキャラのトワちゃんはTOHOシネマズの幕間のお姉さんでおなじみの福本莉子さん!違和感なく楽しめたけど、大阪だと中心街の梅田やなんばのTOHOでは上映しないのは、なんか変な感じです。
そういうこともあるんですね。


関連記事

予習記事(↓)


noteはほぼ毎日更新実施中!
更新情報が届くので、ぜひフォローよろしくお願いします。
コアな内容をお届けする月額480円の購読マガジンもやってます。
購読者増加中!ありがとうございます。

過去のアーカイブも月間ベースでご購入いただけます。
買い切りの方で買ってくれても嬉しいです。

お仕事も引き続き募集中ですので、お気軽にご連絡くださいませ。
nejimura@gmail.com

この続きをみるには

この続き: 0文字

月20回以上更新(多分)。一記事あたり25円以下でお楽しみいただける計算となっています。クレカ決済だと初月無料です。

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、海外アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!