『 polar star 』

作詞:なゆたゆな
作曲:AIRPORT kei

御心は 天のまにまに 眠りに就いて
人々は 夜をしとねに 祈りを捧ぐ

polar star
polar star
彼の地 夢見て
誰もが 彷徨う

望み果てぬ
いまだ尽きぬ
二万五千の
南の火よ

【備考】
見上げた夜空に瞬く星たちはいつでも美しい。
その星々から見下ろした私たちの星はどうなのかな?と問いかけて。
不動の極北、ポラリス。polar star。
「父なるもの」が住まう理想郷のようなイメージでとらえています。
※polar star/北極星、極北。読み方は、ポーラースター・ポーラスター、どちらでもOKです。

---------------
著作権……歌詞:なゆたゆな
二次利用…不可
※作詞作曲のコラボレーションのための利用は可
---------------
※歌詞をご利用の前に「ごあいさつ」をご一読ください。

//2018.4.18
初稿
//2018.4.22
AIRPORT keiさんに作曲していただきました。
polar star(デモ)
https://note.mu/airport_kei2016/n/n58b27be87a06
北極星が照らす無数の星々の子守唄。とてもやさしい曲です。
どうぞお聴き下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます✨自分なりの"いい歌詞"を探究して、これからも普遍性のあるメッセージを届けたいと思います。

♪月に倣い 独り作り嗤い 耐え切れずに 吐き出したのさ熱『ヒグラシ』
11
言葉の音を聴きながら、きらめく詞とメロディの融合をめざします。たまに占星術やコミュニケーションの話題も。【近況】中国で大ヒット中の劇場アニメ《哪吒之魔童降世》にハマッています💗日本でも公開されるといいなあ。 http://nayuta-yuna.webnode.jp/

コメント5件

polar star…北極星なんですね。沖縄では「にぬふぁぶし」といいますよ。有名なてぃんさぐぬ花という歌の歌詞にも出てきます。2万5千の南の火というのが何のことなのか気になりました…
keiさん、沖縄では北極星を「にぬふぁぶし」というんですね。調べたら極北星にまつわる沖縄民話もあるようですね。
星の神話というのが、亡くなった母親に会うため兄弟が船をこいで、やがて弟は力つきて星になるというお話なんですが、「船旅をする人々の目当てになるように」と北極星になったのだそう。 
 
「てぃんさぐぬ花」の歌詞に「にぬふぁぶし みあてぃ」とありますが、みあてぃは「目当て」という意味なんだそうです。「目当て」って、とても綺麗な言葉なんだなあと涙してしまいました。
keiさんにコメント頂けたおかげで美しい星の神話に出会えました!ありがとうございますo(^o^)o 
 
「2万5千の南の火」というのは、北極星から見下ろしたときに眼下に見える炎をイメージしました。
もしかしたら戦火の火かも知れないし、あるいは救いを求めて北極星を目指す人々の心のともしびかも知れません。
https://note.mu/airport_kei2016/n/n58b27be87a06 さっそく、弾き語りですが曲をつけました。イメージに合うかはわかりませんが…。星の神話との出会い…そんなふうに役に立ててとてもよかったです。南の火とはいろんなふうに感じて解釈していいんですね。なるほどです。
keiさん、子守唄のような美しい曲ですね。さっそく聴かせて頂いています。ありがとうございます。 
 
ちょっとした提案で、2番の歌詞を書いてみました。さきほどメールしましたので、お時間あるときに見て頂けたら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。