見出し画像

私が台湾に来た理由

なんで台湾なの?
なんで台湾に来たの?
って日本人にも台湾人にも、その他外国人にもよく聞かれます。
そりゃ不思議ですよね。
色々違和感ありますよね。
29歳で台湾の4年制の大学に入学して、
一回り下の子達と一緒にデザインの勉強してる。
自己紹介がてらこの理由をCMYKに別けてご説明。

そう。キャリアアップというか、自分に自信をつけるためです。

高校生のときはダンスに明け暮れて、勉強なんてしていなかったし、
高校生の頃からデザイナーになろうとは思っていたけど、
美大なんてまったく視野になかったです。
とゆーか美大からデザイナーっていう
一般的なルートを知らなかったかも。
学歴なんて関係ないだろうとは思ってました。
確かに美大卒の学歴がなくてもデザイナーにはなれたけど、
のちのちなんだか美大卒の同世代の同僚に対して、
劣等感とか対抗意識みたいなのを持っている
幼い自分がいることに気づいて、
だからそれらを挽回する為に今台湾にいます。

そして台湾のデザインは日本に比べれば劣るものが多いけど、
本の装丁デザインは日本よりも魅力的で、
特殊印刷を施したものが多く見られます。
日本だとなかなか予算の関係で手が出ない特殊加工、
てっきり台湾の印刷費は日本より安いんだと思って、
いろんな特殊加工が試せたらいいな。
と思って、その部分にも期待してきました。
しかし実際印刷費に関しては、
特に台湾がもの凄い安いってことはなく、
物によりけり日本のが安かったりします。。。

なんで台湾なの?
その理由のもっともは、自分が台湾人のクオーターだからです。
さらには、以前台湾の親戚を訪ねて台中に行ったとき、
親戚のおじさんに「中国語が話せないなら来るな」と
冗談混じりに言われたことがあって、
台湾の親戚達は英語もあまり得意じゃないので、
この先母親や母の兄2人がいなくなると、
誰も台湾の親戚達と意思疎通ができなくなるなと思ったら、
いつか中国語を話せるようになりたいなと思って。
それに祖父の生まれ故郷で生活してみたい!
という願望もありました。

で、なんで台湾の大学でデザインなの?
って聞かれると、それはもう学費が安いから。
という理由に尽きます。
台湾の学費は私の今通っている大学だと
1学期だいたい日本円で10万円。
1年で20万円、4年で80万円。
ちなみにコレは薄いながらも混血のおかげで、
現地の台湾人価格。
外国人枠で入学すると倍ぐらいします。

まぁ学費に限らず、生活費も日本より安くてそこも魅力です。

なんで台湾に来たの?の最後の理由は
当時一緒に住んでいた彼と別れて、
どこでもいける自由を手に入れたから。
そして311の後しばらく日本を離れていたいと思ったから。

やっぱり何かを手に入れるには
何かを手放さないとですね。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26
台湾人のクオーター。都内のデザイン事務所でデザイナーとして6年間働いた後、18歳からの夢だった「海外で働く」を叶える為に27歳で日本の仕事をやめて台湾へ。日本で大学へ行っていなかったので、まずは海外転職に必要な学位を取る為に29歳で国立台湾科技大学に入学。
コメント (1)
ぼくも台湾人の装丁が好きで、誠品書店などで本がずらりと表向きに並んでるのを見ると楽しく、必ず買って帰ります。漢字平仮名片仮名をミックスする日本人のバランス感覚もなかなかですが、漢字から逃げず堂々とロゴにする台湾のセンスは潔くきもちいいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。