見出し画像

【シリーズ先人に学ぶ】隠岐島前教育魅力化プロジェクト

鳴海まさのり

隠岐島前教育魅力化プロジェクトは、島前地域で、島の暮らしにある幸せや豊かさが長く続くことに、教育分野から貢献することを目指しています。」

教育から、地域の未来を切り開いた事例の一つです。
人口推定を上回り、出生数もガツンと高まっています。

以下の文章、島を丹後に置き換えてもそのまま当てはまりそうです。負の連鎖です。

人口減少に歯止めがきかず、地域の少子高齢化は加速、伝統行事や一次産業は担い手不足で衰退し、地域の活気は失われ、やがて島に住む人がいなくなる…。そんななりゆきの未来が予想されました。

負の連鎖を教育により断ち切りました。そして、好循環をうみました。

学校や地域が魅力的になると、地域に子どもが留まり、若ものが流入する。そして未来の担い手が増えることで、地域の文化・産業が継続・発展する。最終的には、それが更なる魅力につながり、好循環を生み出すことになったのです。

成功の秘訣は、学校と地域の交流だといえます。地域課題を解決するためのプロジェクトを学校で子どもたちと実践していく。それによって、子どもたちは地域の大人からも学び、憧れるようになりました。また、地域は子どもたちにやりがいや実情を伝えることができました。

京丹後は島前地域よりもまちの規模が大きいです。なので、高校単位だけでなく、小中学校でも実現していきたいです。

すべての地域に子どもたちの活力を。すべての子どもに地域の活力を。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鳴海まさのり
「京丹後を日本の教育のモデルケースに」海と山、食事と文化に惚れて京丹後市に移住。 教員生活を経て、学校教育の課題を発見。子どもたちが最高に学べるように。 HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/narumimasanori