お香とハンドクリームで仕事の「オン/オフ」を切り替えるという作戦
見出し画像

お香とハンドクリームで仕事の「オン/オフ」を切り替えるという作戦

中川政七商店の主催する「大日本市」という展示会において、商品を実際にためす「かたりべ」というものに選んでいただきました。

要は展示品を実際に試してみるブロガーのようなものです。前に奈良でつくられた「TOUN」というスニーカーについて書いたりしていますが、今回は京都の老舗・薫玉堂の「お香セット」を使わせてもらいました。

昨年からずっとリモート環境で仕事をする人も多いと思いますが、薫玉堂では同じ空間で仕事とプライベートの切り替えを「場所ではなく、香りでする」というコンセプトの「香りのON-OFFスイッチセット」を揃えたそうです。

こちらが「ON」のセット。

画像1

左は薫玉堂でおなじみの線香「堺町101」、真ん中はロゴマーク入りの香立、右はハンドクリーム「LEADEN SKY」。

堺町101は仕事のオンにつかえる線香

僕はもともと薫玉堂の線香を愛用していました。夜寝る前に、明かりをやや落とした部屋で線香を1本つける。しばらく香りを楽しんでいると気持ちが落ち着いてきて、リラックスできる。するとよく眠れる。

これまでは完全にオフの香りとしてつかってきたわけです。

だから仕事のスイッチを入れる「オン」の役割にすることにはやや懐疑的だったのですが、この「堺町101」はたしかに仕事はじめにつけるのもいいかもしれない、と思いました。

どんな香りかというと一言で説明するのはむずかしい。いい香りなことには違いませんが、いわゆるリラックス効果というよりは、背筋が伸びるようなよそ行きの香り。

画像2

説明書きにはこう書かれていました。

西本願寺門前町にたゆたう香りや、薫玉堂店内の香木や線香、陳列されたあらゆるものが融合した香り。代々伝わる調香帳を基に調合しました。

町にただよう香りと、店内のあらゆるものがまざった香りを調合したものだそうです。わからん。でもいい香りなのはわかる。

たとえるなら、甘いけど、スッキリとしたお菓子のような香り。決してべたべたした甘さではなく、あくまで爽やかな。そんな雰囲気の香りです。

画像3

脳に糖分が行き渡り、頭が冴えるような感覚に近いのでしょうか。朝の仕事はじめに1本つけてみると良さそうです。

仕事で集中力したいときのハンドクリーム

LEADEN SKYというハンドクリーム、その役割は「CONSENTRATION」と書いてあります。集中。

画像5

ハンドクリームにそんな役割があることに驚きます。

僕はそもそもハンドクリームを塗る習慣がまったくなかったので、まずもって塗ること自体にやや違和感をおぼえながら、恐る恐る手に取ってみました。

画像6

(多すぎ?)

両手に揉み込むようになじませてみます。

画像7

腕毛が濃い。

手の甲にもまんべんなくなじませると、両手がしっとりとして、ほのかにただよういい香り。杉の木のような凛とした爽やかな香りです。

LEADEN SKYは「四季の香り」をコンセプトに、京都の春夏秋冬になぞらえた香りのハンドクリーム。純米大吟醸の酒粕エキスと乳香のオイルを調合しています。

商品説明にはハッキリと「仕事などで集中したいときに、落ち着きと潤いを与えてくれます」とありますが、両手のひら全体と指先にクリームで潤いを与えることは、思ったよりも気分の切り替えに効果があるように感じます。

しかも指先がややしっとりとするのでキーボードも打ちやすいし、Macのトラックパッドもよく動きます。かさかさの指で操作すると上滑りすることがあったのです。

仕事前にハンドクリームを塗るのはいろんな意味でありだわ、と思いました。

※オンのセットはこちら。

堺町101

https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/g/g4560109568055/


続いて「オフ」のセットです。

仕事のオフのスイッチに「キャンドル1482」

画像7

こちらは「OFF」のセットに入っていたキャンドル。仕事が終わったあと、「今日もがんばったー!」のリラックスに使いたい1482です。

1482とは室町時代のこと。「時代(とき)の香り」をコンセプトに、京都の移りゆく時代を香りで表現しているそうです。

普段だったらライターで火をつけるところですが、セットにあったロングマッチを使います。

画像8

このマッチは頭薬に硫黄を含んでいないため、着火時の刺激臭を抑えられるというもの。キャンドルやお香の香りを邪魔しないようにできているそうです。

画像9

さっそくつけてみました。

画像10

いいですね。

画像11

ゆらゆらと揺れる火をみながら、香木のようないい香り。これはめちゃくちゃリラックスできる。

説明書きには「ウッディやアンバーの重厚な香りにローズマリーやクローブを加えることですっきりと仕上げました」とありました。

線香とハンドクリームでスイッチをONに、仕事が終わったらキャンドルでOFFに切り替える。香りを上手に使うのは、リモート環境の工夫として1つのアイデアだと思います。

特にこれまでまったく興味を持っていなかったハンドクリーム。これが一番スイッチが入るのを感じました。香りだけじゃなく、手指に適度な湿気を与えるって意外と効くんですね。

1週間ほど使ってみて、もう手放せない存在になっています。

この記事は、中川政七商店が運営する「大日本市」の企画で、暮らしの道具を実際に使用し、感想を記事にしています。

大日本市のサイトはこちら

他のカタリベの記事一覧についてはこちら
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
BuzzFeed Editor。このnoteでは毎日ちょっと良いモノを紹介します。ポッドキャスト「ドングリFM」(https://donguri.fm/)もやっています。連絡先: narumi789@gmail.com