見出し画像

絵になる奈良

京都で活躍する写真家の方が「いつか奈良も撮りたい!」という嬉しいコメントを寄せてくださったので、奈良の見どころ、絵になる場所、写真に撮りたいところなどを考えてみました。

奈良の四季はほんとうに素晴らしいし、奈良好きの方は必ず自分だけの聖地を持っていると思います。


東大寺 二月堂/奈良市(お松明は3月1日~14日)http://www.todaiji.or.jp/

これからの時期もっとも熱いのはなんといっても東大寺にある二月堂。ここでは『お水取り』という法会を重ねていらっしゃいます。今年で1269回目!!奈良時代からずっとずっと、一度も途切れることなく続いているのです。


画像2

お水取りは正式には『修二会』と言います。国の安泰と平和・五穀豊穣のために行われてきました。

この祈りを役目を担う練行衆という僧侶たちが、お堂に上がる際足元を照らすかがり火としてたかれるのが「お松明」です。

なのでお堂に上がってからの法要こそ見逃せないのですが、最近ではこの迫力あるお松明が見どころとして取り上げられ、沢山の方がいらっしゃるようになりました。(堂内は撮影禁止です)

夜の撮影は難しいし、お堂を上を駆ける火の玉というのはほんとに写真に収めにくいのですけど、毎年少しでもこの息吹が伝えられないかと必死で撮っています。


長谷寺/奈良県 桜井市 https://www.hasedera.or.jp/

冬の奈良はお花も少ないのですが、そんな中であでやかなのが長谷寺の牡丹です。長谷寺では冬牡丹と寒牡丹が楽しめます。

画像3

お花は開花状況が読めないので狙っていくのが難しいのですが、もし牡丹に恵まれなくても、長谷寺は素晴らしい所です。

長い登り廊が堂々とめぐり、この石段を見るだけでも行く価値があります。ご本尊の十一面観音さまはお身の丈が10メートル!

季節によってはそのおみ足に触ることもできて、大理石のような四角石の上にたっていらっしゃるのです。この石はとても重要な石です。

画像3

長谷寺は色んな伝説があり、『源氏物語』にも玉鬘姫が参拝したくだりがあったり、ほんとに魅力だらけで色々語りたいところです。参道の草餅も美味しいし・・。

画像4

二月堂も長谷寺も、奈良の大きな魅力のほんの一部ですので、おいおいこういう風にご紹介できたらと思います(*'ω'*)


投げ銭制です。よかったらご支援ください。

この続きをみるには

この続き:0文字

絵になる奈良

忠内香織

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

奈良でガイドをしています。これからもっとあちこち回っておもしろいガイドを提供します。ご支援どうぞお願いいたします。

奈良でガイドをしています。奈良の寺社仏閣をめぐる「うるわし奈良」代表。http://uruwashinara.com/ 好きな場所は飛火野。好きな奈良漬は白雪さん。好きな仏像は安部文殊院の文殊菩薩さま。好きなお寺は唐招提寺。好きな聖人は聖徳太子。好きなお菓子は「御城之口餅」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。