見出し画像

ブリーチ後の髪の毛も艶が甦るヘアオイル

今日は、ブログのタイトルにもある通り。

使えば使うほどに髪にツヤが戻ってくるヘアケアオイルを紹介します。

突然ですが、髪の傷みって気になりますか?

街を歩いたり、地下鉄で移動する時に美容師なので、やっぱりみちゃうんですよね。ヘアスタイルだったり、毛先の傷みとか。そういう日常でふと気づいたのが、

大半の人は毛先が乾いてる。っていうこと。

画像3


オイルは髪につけたらツヤツヤになる。
そんな意見もあるかも知れません。
もともとヘアイオイルはヨーロッパなどで
使われることが多く
入浴までに髪になじませ
髪の乾燥を防ぐ目的で
使われていたと聞いたことがあります。
ヨーロッパは水道水は硬度が強く
髪を洗うだけでギシギシになりやすい。
その元々の環境的な部分があるわけですが
日本では約20年前くらいから
ヘアアイロンを使った『巻き髪スタイル』が
流行りだし、それと共に
ハイトーンカラーの需要も増え、
同時に「髪を保湿する」スタイルや
施術方法が出てきて、現在のような
ヘアオイルやヘアクリーム、ヘアバームなどが店頭にも並ぶようになりました。

20年以上美容師をしてきた僕が、
色々なヘアオイルを使ってきて、
ただただベタつくもの、オイルなのに
その効果が全然出ないもの。
香りだけが良いものなど
本当に色々ありました。
その中で、毛先のダメージ部分への
補修効果があって髪が簡単にできる
ヘアオイルがないか?
自分で市販品と美容室専売品も含めて
いろいろ探しては試しての繰り返し。
すごい数を購入しました。


きっとこのブログを読んでる方も
買ってみたけど、なんか違った。
それがいつしか使わなくなり・・・。
あると思います。(笑)

髪が傷んだお客様には
絶対オススメするヘアオイルです!

無駄にオイルを買ったり、
ヘアサロンでトリートメントをしたり、
逆に傷んでるために希望通りの施術ができなかったり。
そんな無駄や我慢も解消します!!

そのヘアオイルが

《 link ヒートリアクションオイル 》

画像1

このヘアオイル、何がいいか???
知りたいですか?
特にブリーチを繰り返してる方は
是非知ってほしい!!

熱を味方に変えて、髪の毛を補修する洗い流さないトリートメント。

1、熱と反応して髪の毛を守る成分エルカラクトン配合
髪の毛のキューティクルから内部にかけて薄い膜を作り、褪色防止、紫外線や静電気からも守ります。

2、人の毛に一番近いウールキューティクルタンパク質配合
人の髪の毛にあるキューティクル。
これと一番近い成分がなんと羊毛。
そのキューティクルからケラチンを抽出。
ダメージ部分に補修を働きかけます。
ちなみに、
10数年前は羊毛を研究材料として
美容メーカーで使われていました。

3、オイルPPT
髪と馴染みやすく、乾燥を防止。なめらかな手触りを持続させるため、ケラチン、コラーゲン、そしてシルクが配合されています。

ヘアオイルの特有なベタベタ感もなく
サラッとしているので寝る前につけても
変な重たさやギラギラ感が髪に残りません。

ドライヤーで乾かす前に2プッシュ分を
手にとって毛先を中心に髪の毛になじませて 乾かすだけ。

で毛先のパサつきも収まって、艶のある髪の毛になるんです!

画像2

お出かけ前は、このlinkヒートリアクションオイル、もしくは普段使っているヘアオイルでもいいと思います。

カラーの褪色や紫外線、静電気から髪を守って、栄養補給してくれて、髪の毛が柔らかい手触りになります。

こんな凄いヘアオイル使わないと損しますよ!!

以前、SNSで地方発送でのお問い合わせがありましたが、申し訳ありませんが、現在通販での販売は行っておりません。ご了承くださいませ。

どうやって買うの?
それは外苑前のNOWさんにきてくれたら
買えますよ!(笑)


ではでは。


高橋のInstagram https://www.instagram.com/_naoya_takahashi_/

お店のHP https://www.now-hairmake.com

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
外苑前美容室『NOW hair/make』オーナー。 サロンの運営について現在オンラインで猛勉中です!ここではその学んだことをアウトプットして行こうと思います!MBAの勉強も兼ねてます。 将来的にはそのノウハウを生かした人助けをしたいと考えてます!よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。