見出し画像

flesh and blood : Briar

cb

3人目のRunebladeは、Tales of Ariaで登場したBriar。
Elemental Runebladeで、EarthとLightningのEssenceを持っている。
いままでのRunebladeたち(Viserai、Chane)よりも絵柄が明るい感じ。
使うカードも草木からエネルギーを得ているようにもみえる。

ライフはオトナ40、young20、Intellectは4で、ごく普通。

だが、かなり強くて、本人のヒーロー能力にエラッタがかかるしまつ。
さらに周辺カードが禁止されてしまうが、デッキ構築を変えて、またトップレベルにでてくるというのが地力の強さを示している。

まず、もともとの効果(Tales of Ariaのブースターをあけているとでてくる)の能力の記載は、

Whenever an attack action card you control deals damage to an opposing hero, create an Embodiment of Earth token.
Whenever you play your second 'non-attack' action card each turn, create an Embodiment of Lightning token.

そして、エラッタがかかると、

The first time an attack action card you control deals damage to an opposing hero each turn, create an Embodiment of Earth token.
The second time you play a 'non-attack' action card each turn, create an Embodiment of Lightning token.

こちらのコントロールするattack actionカードが各ターンで「最初に」対戦相手のヒーローにダメージを与えたとき、Embodiment of Earthトークンを生成する。
各ターンで「2回目に」non-attack actionカードをプレイしたとき、Embodiment of Lightningトークンを生成する。

かいつまむと、
Embodiment of Earthトークンも、Embodiment of Lightningトークンも、ターンに1個しか生成できなくなった。
Embodiment of Earthトークンは最初にダメージを与えたとき。
Embodiment of Lightningトークンは、各ターンnon-attack actionを2回目にプレイしたときに生成される。これは変わってないと思う。

そのトークンとやらはなにをするのかというと、

An Embodiment of Earth token is an Elemental aura
with “‘Non-attack' action cards you control have +1 [defense value] while defending.
At the beginning of your action phase, destroy Embodiment of Earth.”

An Embodiment of Lightning token is an Elemental aura
with “When you play an attack action card, destroy Embodiment of Lightning and the attack gains go again.”

Embodiment of Earthトークンは、non-attack actionカードでブロックしたときに防御力を+1してくれる。次の自分のアクションフェイズの開始時に破壊される。

Embodiment of Lightningトークンは、attack actionカードで攻撃した時に、破壊されてその攻撃にgo againをつける。

ということで、意識してだせれば、それがひとつずつでも攻防に重宝するものだとわかる。特に、Embodiment of Earthトークンが複数個でていたことを考えるとちょっとチートだったかも、とか思わざるをえない。

武器は、基本的にはRosetta Thornという専用の両手もち(2H)の剣を用いる。

Once per Turn Action - [one resource point]: Attack
Whenever you attack with Rosetta Thorn, if you've played an attack action card and a 'non-attack' action card this turn, deal 2 arcane damage to target hero.
attack value 2

条件さえ整えば、物理ダメージのほかにarcnae damageも2点飛ばせるという、まさにRunebladeっぽい立ち回り。この2点、ってのが対戦する側としてのArcane Barrierまわりの悩みのタネになりそう。

本人がもっているEssenceによって、EarthよりとかLightningよりとか、そのハイブリッドとかあるのは、LexiのIceかLightningかのあたりと似ている。
構築がいっぺんとうになりにくいような性能、なのかも。Kanoをみかけたときとはちがう、なにか、どっちのBriarなのかな?な読みがちょっと難しくはなる・・・のかもしれない。

デッキの変遷、Uprisingで得た新装備のことまで解説している基礎講座がこちら。

FAB101: BRIAR AND THE RUNEBLADE CLASS
by Kevin Brayer
17th June 2022

もちろん、装備品の選択肢についても解説してくれている。

当初、ほぼコストゼロのカードばかりをつかうCheerios Briarだったが、
本人の性能の調整やPlunder Run と Ball Lightningの禁止をうけて、
Channel Mount Heroicを利用するタイプに変化する。
デッキ疲労(fatigue)に強いタイプもあるようだ(みずから、もしくは墓地から、デッキボトムにカードが戻る効果)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!