見出し画像

びしょ濡れになったお札

詳しい年齢は忘れてしまったけど、
小学生の夏休み。父と兄と川遊びに行った時のお話。

その日は水遊びに最適な、よく晴れた暑い日だったので
周りには他の家族連れなんかもいて、
賑やかな川辺で私は兄と川遊びを楽しんでいた。

そのうち、緩やかな川岸の浅瀬に飽きた私たちは、川の向こう岸の岩場まで行くことを画策した。

途中、川の深みがあるので、兄が私を背負って泳いでくれることに。

・・・兄の泳ぎを助けるつもりで、私は手足をばたつかせた。

しかし、それが泳いでいた兄のバランスを崩すことになり、私は彼の背中から滑り落ち、溺れてしまった。

当時私は泳げたものの、足がつかない川の深さにパニックになった。
水の中で必死に兄にしがみつこうとして兄もバランスを崩し、今度は2人で溺れ始めた。
どのぐらいの時間が経ったのかは分からないが、気付くと父が助けに来て、私たちを川岸まで引っ張っり戻してくれた。

川岸で釣りをしていた父は、私たちが溺れている事に気づいてすぐ
近くにいた人に浮き輪を借りて、
着のみ着のまま川に飛び込み、助けに来てくれたらしい。

そのあと、今日はもう川遊びを辞めて家に帰ろうということになり、
私たちはびしょ濡れのまま車に乗り込んだ。
(タオルや着替えがあったかどうかは覚えていない。)

「何か飲み物買っていくか?運転中だからポケットから財布出して」
父のズボンのポケットからはみ出た財布を取り出すと、中までびしょびょに濡れていた。
溺れた時の恐怖感より、『びしょ濡れになったお札』を生まれて初めて見た私は、
「これまだ(お金として)使えるのかな...?」と心配したことをよく覚えている。


以後、20年以上経った今でも父はその話を得意げに話す。
「あの時お父さんが助けて無かったらお前たちは死んでたぞ〜」と
何度も同じ武勇伝を語りすぎてウザいぐらいなのだけど、
夏になると思い出す。


あの時びしょ濡れになったお札は、確かに私たちが助けられた証でもあった。





・zoomの個別相談はこちら




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉野なお(Nao)

サポートいただくと、かなり喜びます....!!! 今後のクリエイティブの活動費として使わせていただきます!!

メルシー!!
13
2013年からプラスサイズモデル(大きいサイズのモデル)をやっています。それはそれとして、日々さまざまな事から得る『気づき』や『ひらめき』などについて綴っていこうと思います。 https://www.naoyoshino.com/