ホームページを自作した費用と労力についての覚え書き
見出し画像

ホームページを自作した費用と労力についての覚え書き

小川奈緒

2020年のステイホーム期間、プロの助けを借りずに、自力でホームページを作りました。約2週間の作業期間を経て、完成したサイトがこちらです ↓

画像1

このサイトの制作にかかった費用をはじめ、苦労した点や、(失敗によって)学んだいくつものことを、忘れないうちに細かく書き残しておくことにしました。

その記録は、これからサイトをつくる人にとっても何らかの参考になるかもしれないと、noteでの公開を思い立ちました。

でも一方で、サイトの制作と運営にかかる費用、オンラインショップ開設に必要な手続き及び注意点などの話は、サイトのユーザーとして購読やお買い物を楽しんでくださっている読者の方やお客様にとっては、見えなくてもいい舞台裏でもあります。
また、わたしが経験したこと(何度か冷や汗をかき、苦い思いもした)を、なるべく包み隠さず率直に書くためにも、今回の記事は有料とさせていただきます。

◎デジタルは得意ではないけれど、できるだけコストをかけずに自分のイメージ通りのサイトをつくってみたいと思う方

◎上のリンクのようなサイトをつくるには実際どれくらいのお金と手間がかかるものなのか知りたい方

WIX(ホームページ作成ツール)の利用やクレジットカード決済を導入したネットショップをつくることを検討している方

……には、経験と実感に基づいた実用的な情報をお伝えできると思うので、ぜひ読んでいただけたらうれしいです。

もちろん、純粋に興味を持ってくださった方にもおもしろく読んでいただけるように、これまでnoteで書いてきたなかでは最長となる約8000字の大ボリューム原稿ですが、画像や見出しや太字を多用して、読みやすいように工夫しました。

前提として、
いろいろ苦労はあったものの、サイトを自作するという選択をしたことには心から満足していて、これからサイト制作に挑戦する方には一つの方法としてぜひおすすめしたい、という姿勢で書く記事です。

サイト制作にかかった費用の全内訳

この続きをみるには

この続き: 7,943文字 / 画像10枚

ホームページを自作した費用と労力についての覚え書き

小川奈緒

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれてうれしいです!
小川奈緒
文筆家、編集者。最新刊は『ただいま見直し中』。既刊に『直しながら住む家』『家がおしえてくれること』『心地よさのありか』『おしゃれと人生。』『こころに残る家族の旅』など。毎週金曜、仕事や暮らしのエッセイを更新するnoteです。https://www.tabletalk.store/