運気を上げるそうじ術
見出し画像

運気を上げるそうじ術

小川奈緒

noteに投稿した記事のどれだったかは忘れてしまったのだけど、自分が書いたエッセイの下に「これもおすすめ」と表示された関連記事のなかで、ふと気になったものを読んでみたら、その内容と、そこで紹介されていた本に、ググッと興味を引かれた。

家事のなかでわたしが最も苦手とする「お風呂そうじ」と、「金運アップ」の関係性に、ナニナニ?と気になって、すぐに本も入手。面白くて、あっという間に読んだ。
*引用先の記事や、Amazonの商品ページにも本の内容がわかりやすく書いてあるので、くわしく知りたい方はそちらを読んでみてください。

『月の浄化術』の著者の方は占星術師。
正直言うと、わたしは占いにはあまりくわしくないし、スピリチュアル系と呼ばれるカテゴリーにも疎い。けれどもけっして懐疑的というわけでもなく、聞いて響く話は、素直に受け入れる姿勢は持っているつもりだ。

今思うと、育った家はパワーハウスだった


いきなりだが、わたしは幼い頃から「家がきれいだと運気も上がる」と肌で知っていた気がする。

原体験は、たぶん3歳くらいのとき。
当時まだ同居していなかった祖父母の家が、最初の舞台である。

祖父母は、東京の下町・町屋にあった工場の舎監として、事務所の2階に住み込みで暮らしていた。
その住まいを訪れると、和室2部屋に台所とトイレがついた古い貸し部屋にもかかわらず(もちろん当時はそんなことはまったく意識していないが)、そうじが行き届いていて、幼心に「ここはきれいで気持ちがいい」と感じていた。
3歳の記憶なんてあるのか、と疑わしくもなるけれど、祖父母とはわたしが4歳のときから同居がスタートしたため、それ以前という計算になる。

「おばあちゃんの家は小さな水色のタイルが敷き詰められた和式便所までピカピカだった」という記憶が、そのとき自分の目で見た風景とともに今もはっきり残っているのだ。

父は長男で一人っ子だったから(姉と弟を戦時中に病気で亡くしている)、わたしが4歳のとき、当時35歳の父が建てた一軒家で祖父母との同居が始まった。
わたしが小学校に上がると同時に母が働きに出たため、祖母は毎日のごはん作りを、祖父も庭の手入れや家のそうじなどを、忙しい両親に代わって引き受けていた。

末っ子のわたしは、学校から帰ってくるのがきょうだいの中で一番早く、毎日帰宅するたびに、「きれいにそうじされた家の気持ちよさ」を五感で味わっていた。

玄関ドアを開けたとたん、祖母が生けた生花が下駄箱の上に飾ってあり、レンガ色のタイルも、祖母が毎日雑巾がけをしてすべすべだった。
リビングに入れば、応接セットのテーブルの上には、父のための空の灰皿が置いてあるだけ。もちろんその灰皿は毎日ちゃんと洗ってあった。

祖父が毎日2階の廊下から1階まで、階段を1段ずつほうきや掃除機をかけてくれていたから、個室はともかくパブリックスペースに関してはいつもそうじされていたし、そんな家で幼少期を過ごしたことが、わたしのなかの「家とはそういうもの」という基準をつくったと思う。

ちなみに母は、13年間の専業主婦生活を経て、37歳で駅前の呉服店で働き始めたが、経理のパートからまもなく社員に、それから販売、営業職から店長になり、次はより大きな駅にある主力店舗の店長になって、最後は本社の重役まで登りつめた。
父も企業の重役まで躍進したのは、祖父母がせっせとそうじしていたあの家がパワーハウスだったんじゃないか、という気が、今さらながらしてくる。

戦争による食糧や薬の不足で二人の子を亡くす、という想像を絶する苦難を経験した祖父母だったが、残りの人生で当たり前のようにやっていた日々のそうじは、今思うと、運気を上げる行いばかりだった。
二人とも老後は概ね幸せだったと思うし、長く患うような病気もせずに、80代半ばで老衰といっていい穏やかな亡くなり方でこの世を去った。

祖父母がピカピカに磨いていたあの家(今は建て替えてもうない)の残像が記憶の中でいつになく鮮やかなのは、お盆のせいだろうか。

月と星座の動きに沿って家を浄化していく


冒頭でリンクを貼った『月の浄化術』を読んでいる途中、その内容がおもしろいと夫に話していたら、「聞いてると、『宇宙エネルギー』とか『波動』なんて言葉が普通に出てくるし、これまであまり興味を示してなかったスピリチュアル系の本って感じがするけど、違うの?」と言われた。

ふむ。まぁカテゴライズするなら、そういう認識で間違いというわけでもないのだろう。でもわたしにとってこの本は、とことん「家事の実用書」だ。

これまで知識も理屈もなしに、自分の感覚として、ただ気持ちいいからやっていたそうじや片づけが、実は宇宙からのよいエネルギーを引き寄せていた、と答え合わせをする感覚。たとえるなら、「基礎編はもう押さえられてるから、ここまでできるとさらにいいよ」という応用問題が載っている参考書、みたいな感じで読んだ。

この本が実用的なのは、巻末の「月星座運行表」というカレンダーがついていること(2016年が出版年だが2023年分まで載っている)が大きい。
カレンダーに従って、「今日から3日間は月が牡牛座にあるから、お風呂と洗面所をそうじしよう。そうすれば金運と仕事運が上がるわ」とやる気が出るしくみになっている。そしてやれば、ブログに写真を載せられるくらいきれいになる。


家のそうじ場所1か所につき約3日ほど猶予があることと、「お風呂と洗面所をそうじするといい日」は1ヶ月後にまた巡ってくるから、今月できなかったあの棚の中は来月に回そう、といったこともできる(というか、それでいいのかわからないけれど、わたしはそうしている)。

牡牛座の次は、月が双子座に移るので、お風呂は切り上げて、今度は仕事机の周辺をそうじする。そうすればいい情報が入ってきやすいらしい……とまぁこんな感じで、キッチン、リビング、トイレ、クローゼット、窓やガラスなど、12箇所を1ヶ月かけてそうじしていく。

本の中で「ムーン・クリアリング」と呼んでいるこのそうじ法、わたしは始めてまだ2ヶ月ほどだけど、この通りにやっていれば、年末の大そうじは必要なくなりそうだ。
だいたいわたしの場合、きらいなお風呂そうじなんて、「この日にやると運気が上がるからやった方がいい」と誰かに言ってもらわないと、自発的にやろうなんてなかなか思わない。

毎日家じゅうの床のモップがけはするし、「きれい好きだね」「いつ来ても家がきれい」と言われる程度にはそうじしているかもしれないが、あちこちの扉を片っ端から開けられても大丈夫かと聞かれたら、けっしてそんなことはない。
人目につきやすい最優先すべきところ、やりやすいところしか実はやっていないのだ。

でも、この本によると、家のどの場所も、運気アップ(とダウン)につながっている。

宇宙エネルギーを信じようが信じまいが、家のそうじをして悪いことなんて何もないし、少なくともわたしは、家が少しずつきれいになっていく気持ちよさと、最近わたしも夫も、仕事や家のことでいい話が舞い込みやすいことから、これはきっと月の運行サイクルに沿ってそうじをしているせいかも、と喜んでいる。

パワースポットは自分の手でつくる

玄関が家の中で最も重要な場所であることは、風水に詳しくない人でもなんとなく知っているだろう。
運気は門や玄関から入ってくるから、そこが汚れていたり、物で塞がれていては運気を追い返してしまう、という風水の考え方だ。

でも、それが風水の教えだから、という理屈から入ると、そもそも風水なんて信じないという人にとっては迷信でしかない。
風水とか何だとかは別にして、とにかく玄関にある靴を全部下駄箱にしまって、まっさらになったタイルを水拭きしてみる。そうすると単純に、気持ちがいいのだ。

気持ちがいい場所のことは、好きになれる。
好きな場所なら、もっと居心地よくしてみたくなる。
そういう場所が玄関、トイレ、キッチン、リビング……と広がっていったら、その家は「気持ちがいい」や「居心地がいい」や「好き」というポジティブな空気がすみずみまで行き渡った場所になる。
思えばわたしの家づくりは、その積み重ねであって、これからもその繰り返しなんだと思う。

周囲には、占いとかパワースポット巡礼が好きな友人も多く、でもわたしは昔から、そういう場所に誘われてもあまり興味が湧かなかった。
だから夫が「いきなりスピリチュアル系の本なんて読んで、どういう風の吹き回し?」と驚くのだ。

でも、今わかった。
わたしは、パワースポットだと多くの人からありがたがられる場所に行って、自分の運気を上げてくださいと神様にお願いすることより、自分のすべての基盤となる家を、自らの手でパワースポットにしようと体を動かすことの方が、ずっとワクワクするということが。

家を、よい風が吹き抜ける気持ちのいい場所に。
自分も家族も、ここを訪れてくれる人たちも、心身ともに健やかになるような場所に。

そんな目標を持ちながらせっせと行うそうじは、なんだかとても楽しい。
ここまで読んでくれて「スピリチュアル系じゃん」と鼻白むほどでもなく、「そうじして運気を上げる?おもしろそう!」と感じたなら、この本、とてもおすすめです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれてうれしいです!
小川奈緒
文筆家、編集者。最新刊は『ただいま見直し中』。既刊に『直しながら住む家』『家がおしえてくれること』『心地よさのありか』『おしゃれと人生。』『こころに残る家族の旅』など。毎週金曜、仕事や暮らしのエッセイを更新するnoteです。https://www.tabletalk.store/