見出し画像

中学生のための職業紹介 ウエディングプランナー編 【ダウンロード資料あり】

昨年10月に神奈川県の中学校で行なった "職業講話" のために作成した資料を再編集して、新たなドキュメントが完成しました。

職業紹介といえば、2008年秋に取材を受けた「日経Kids+」という雑誌(2008/12/18発売)の「15年後のハローワーク」という連載企画(2009年2月号)でウエディングプランナーを紹介していただいたページが今でもとても気に入っています。
15年後に就職する子どもたち=小学校低学年にわかる言葉で、この仕事の素敵なところを本当に伝えようとしてくれている記事でした。

「ウエディングプランナー」を "職業" として見てもらえる、ほかの素晴らしい仕事と並べていただけることは、とても嬉しいし、ホッとするし、緊張します。

高校生向け、社会人向けに職業紹介をする機会は、映像やパワーポイントを使うことが多いのですが、
今回の中学校では、悩んだ挙げ句、短い時間なので、目を見て話したほうがいいと思って、見出しだけ書いた画用紙を紙芝居のように使って対話し、知っておいてほしいなと思ったことは(自分でWordで作った)資料にまとめて配布しました。

結果、列席経験についての感想が飛び交ったり「お前、向いてるんじゃね?」なんて言い合う男の子たちの声が聞こえたりして、非常に楽しい機会となりました。


このたび再編集したドキュメントは、表紙と奥付を含めて4ページ。
デザインとレイアウトは design dk にお願いしました。イラストは10年以上前の私の似顔絵キャラクターで、marble design labo に描いていただいたものです。
職業教育やウエディングプランナーの紹介でご活用いただければ幸いです。

ダウンロードデータのまま(改変禁止)の複製は自由ですが、どのように利用されたか、ご連絡いただけたら嬉しいです。


私は自分が働くまで「ウエディングプランナー」という職業を知りませんでしたが、20年続き、今もここにいられて本当によかったです。仕事が楽しくて難しいというのは幸せなことなのではないかと思います。
向いているとは思いませんが、そういう職業の選び方や働き方があってもいいのではないかと思っています。


この続きをみるには

この続き: 79文字

中学生のための職業紹介 ウエディングプランナー編 【ダウンロード資料あり】

岡村奈奈 weddingplanner

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
「WEDDING IDEAS BOOK ウエディングプランナーが教える、結婚式と準備が”もっと”楽しくなる方法」「結婚する子どものために 親がすること、できること」著者。ウエディングプロデュース、カウンセリング、商品企画、監修、執筆。