ゲストハウス1

【休学記録】休学理由はゲストハウス➀

なぜ栄養学を学んでいる大学生が1年間休学をしようと思ったのか?
簡潔に言うと、ゲストハウスのオーナーに必須な英語能力を向上させるため、留学に行きたかったからです。

休学前、私は自分のゲストハウスを開業したいという夢がありました。
栄養学を学んでいたにも関わらず、将来管理栄養士として働きたくないと思っていました。そして大学卒業後はどこかのゲストハウスで修行と経験を積みたいと考えていました。
実際その当時はゲストハウスでアルバイトもしていましたが、常に自分の英語力に圧倒的な力不足を感じていました。
そこで、1年間休学をし、語学留学に行きたいという思いが生まれたのです。(もともと人生の中で留学というものを体験していみたいという気持ちもありましたが。)

結果的には、休学中に考え方が変わり、現在はゲストハウスのオーナーではなく、福祉施設の管理栄養士を目指しています。

ゲストハウスがしたくて休学したのに、途中で夢が変わりました。
じゃあこの休学期間は無駄だったのか?と聞かれると
まったく!無駄ではありませんでした。
むしろ、私の今までの人生の中で、一番重要な期間だったと思っています。
たくさん考えて悩んで行動した期間でした。

なぜ休学中に、将来の夢がゲストハウスのオーナーから管理栄養士に変化したのかは、後程。

次の記事は、自分とゲストハウスについて、もう少し記そうと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
なっぱです。 大学3年生を終え、1年間休学中の21歳です。4月に復学予定です。 専攻は栄養学です。 休学期間中の振り返りのため、主に自分用に記録していきたいと思います。 休学を悩んでいる方の背中の後押しになれば、とも思います。 よろしくお願いします。