見出し画像

小南千明 Presents 「今日からはじめる打ち込み教室」 vol.5 〜とっても楽しい飾り付け♪〜

この記事は、2018年9月25日に公開されたものを転記したものです。

こんにちわ!
DAW女シンガーソングライターの小南千明です!


前回から少し時間があいてしまいすみませんんんんん( ; ; )!完成まであとちょっとなので、ラストスパート頑張っていきましょう!!!

前回ベースとギターの打ち込みをしてほぼほぼ曲の形が見えたので、今回はそこに飾り付けをしていきます!コラージュアプリでいうと背景や写真の配置が決まって、その上にスタンプやテキストを入れていくような作業です。

今までのようにコードで演奏するのではなく、背景を色付けたり、メリハリをつけたり、雰囲気を作ったり、そんな音を重ねていこうと思います!

シンセのアルペジオ

ではまずはシンセサイザーでアルペジオを打ち込んでみましょう!

アルペジオとは、これまでジャーーーーンと鳴らしてきたコードを分解して、一音ずつ演奏していくものです。

ジャーーーーンと鳴っているコードたちの上にポンポンポンポンとアルペジオを重ねることでトラックに立体感が出ていきます。言葉ではわかり辛いと思うのでさっそく打ち込んでいってみましょう!

まずは左下の「+」ボタンを押して新しい楽器を追加します。

画像1

KEYBOARDの一番右側、「その他のサウンド」をタップします。

画像2

今回は「Synth Leads」▶︎「Dance Anthem」という音を選びました!

画像3

鍵盤が出てきます!

画像4

今回は赤丸で示した3つの鍵盤を高い音から(右から)順番に「ファ♯・ファ・ド♯」で鳴らしていこうと思います!

こんな感じ!

ピアノを弾いたことがあったり、このくらいなら弾けるよって方は指で鍵盤をタップして演奏してみましょー!この連載で鍵盤を押して演奏するのレアな気がする!笑

なかなかこのリズムで鳴らすのが難しいなぁという場合も大丈夫!

アルペジエーターという機能を使えばコードをアルペジオにして演奏してくれるので、楽々打ち込むこともできちゃいます!なんと鍵盤をおさえているだけで勝手にアルペジオな演奏をしてくれちゃいます!

鍵盤の右上、赤丸で囲んだ山なりの絵がかいてあるボタンをタップしましょー!

画像5

アルペジエーターの実行という欄をONにすると、その下にアルペジエーターの設定画面が出てきます。

画像6

コードをどんな順番でどんな風にアルペジオにして鳴らすかのパターンを選ぶことができるのですが、今回はそれぞれを

「音の順番」▶︎「ダウン」
「音の長さ」▶︎「1/8-1音符」
「オクターブの範囲」▶︎「1オクターブ」

に設定します!

画像7

下の画面で赤丸にした「ド♯・ファ・ファ♯」の三つの鍵盤を押してアルペジオを鳴らしてみましょう!

画像8

さっき上で鳴らしたのと同じフレーズが鳴りますね!これをAメロ部分から録音していきます!

画像9

ここでひとつ注意点!

アルペジエーターは鍵盤を押したタイミングによって、出だしが思い通りのフレーズで鳴ってくれない場合が結構あります(´д`)

そんなときは変になっている箇所をカット!

画像10

画像11

ちゃんと演奏できたところだけにして、そこをループさせちゃいましょう!

画像12

手で打ち込んだ場合も、アルペジエーターで打ち込んだ場合もここからは同じ!Aメロからサビの最後までこのアルペジオをループさせますが、Bメロの最後の1小節はカット!

サビの前は一度音の数を少なくして、その後のサビでグッと盛り上がるようにします。

画像13

これでアルペジオのトラックの打ち込みは完成ですー!

アルペジオの音符の長さや鳴らす順番を変えても一気に雰囲気が変わるので、自分の好みのパターンを探してみてもたのしいかも!

シンバル

それでは次はシンバルを打ち込んでいきます!シンバルはドラムセットの中にある、シャーーーーンってやつです。これをAメロからBメロにいくところ、Bメロからサビにいくところで鳴らして曲にメリハリをつけていきましょー!

DRUMSの1番右側「その他のサウンド」をタップします!

画像14

今回は「Erectronic」▶︎「Create Digger」というドラムマシーンを選びました!

画像15

こんな感じでそれぞれのパッドにドラムセットの絵が描いてあって、タップすると音が鳴ります!左上のシンバルをBメロの頭17小節目とサビの頭21小節目に打ち込んでみましょー!

画像16

画像17

こんな感じです。次のセクションに行ったときにシャーーーーンとなる感じ!

一気に曲のメリハリがつきますね!いい感じです!

他にも鳴らしたいところがあればうるさすぎない程度にバンバンいれてみましょー!

オーディオループ素材を貼る

それでは次、Bメロ部分にオーディオのループ素材を貼って雰囲気を出しつつ、サビに向けて盛り上げていこうと思います!

GarageBandではApple loopというループ素材が入ってます。

オーディオループ素材というのは、簡単にいうと1小節〜4小節くらいのいろんな楽器のいろんな音が演奏された素材。そのまま曲の中に貼り付けて使うことができます!コラージュアプリでいうスタンプです!

色んな種類の音が入ってるので好みのものを選んでペタペタしていきます。画面の右上のほう、赤丸で囲ったループボタンをタップしましょー!

画像18

ズラリと素材が並んでいます。タップするとそのループ素材が再生されます。

画像19

ドラム、シンセ、ギターや効果音、いろんな音があるのでここからは完全に好みとセンス٩( ᐛ )( ᐖ )۶「音源」「ジャンル」「詳細」というところで絞り込んで検索も出来るので色々聴いてみましょー!

私はこの「New Day Pluck Lead02」が気に入ったのでBメロ部分に使ってみようと思います!

画像20

素材の名前を長押しするとメインの画面に切り替わるので、一番下に貼り付けましょう。(他のトラックの上だと下の画像のようになって貼り付けることができません!)

画像21

画像22

これで素材が追加されました!

ただ、再生するとわかるようにコード進行が曲と合っていないので今回この素材は3拍目までを切り取って使います!3拍目(上の小さいメモリ6個分)で分割して後ろの部分を削除!

※ループ素材は曲に合わせて作られたわけではないので、曲に合わない事があります。響きがキレイでない時は合っていないかもしれないので、カットしちゃいましょう!

画像23

Bメロの17小節目と19小節目にコピー&ペーストで貼り付けます!

画像24

再生するとこんな感じになります!

切ない!いい感じ!

この調子でもうひとつループ素材を貼ってみましょう。シュイーーーーンという「80’s Synth FX Riser 01」。効果音ですね!

画像25

これをBメロのおしりにいれて、サビにいく前にもう1段階盛り上げられたらいいなあと思います!19小節目に貼り付けましょう!

画像26

メリハリがついて、サビがよりグッとくるようになりましたね!

きいてみましょー!

さーこれで最初から通して聴いてみましょう!

どうでしょう・:*+.\(( °ω° ))/.:+!

オケとして一気にパワーアップしてませんか?

前回までのコード楽器だけでも曲として形になるけど、この飾り付けをすることでこの曲はどんな曲でどんな風に聴かせたいかが伝わるようになります!

これはなにが正解というわけではないので、ぜひいろんなループやフレーズを試してみてほしいです!ペタペタ楽しい作業なので、いい感じのができたらnanaにアップしてみてくださいね!

私も聴きにいきますヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

というわけでこれでトラックが完成しました!

まとめの動画

次回はついに最終回!
歌を録音してこの曲を完成させたいとおもいます!

今回も詳しい作り方を動画にしてYoutubeにアップしました!

記事と合わせてのぞいてみてくださいねー!

そしてそして、私ごとですが、11/18にワンマンライブの開催が決定しましたー!!!!この日に向けて新しい曲もたくさん作りながら準備をしています!歌が大好きなnana民のみなさんにもぜひぜひ遊びにきて欲しいです!

プレイガイドでチケットも販売中!お待ちしてます\( ‘ω’)/

KOMINAMI CHIAKI BIRTHDAY LIVE 2018 UPDATE
日時: 2018年11月18日(日)
場所 :六本木SuperDeluxe
OPEN 16:00 START 17:00
チケット
前売3500円+1D 
http://eplus.jp/sys/T1U14P002268965P0050001
お問い合わせ: kominami.chiaki@gmail.com
※本公演は、株式会社nana musicが主催するものではありません

他の連載記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
1
音楽SNSアプリ「nana」を運営する、株式会社nana musicの公式コーポレートメディアです。nana musicが描く未来から日々の社内での日常まで、幅広いトピックスをお届けしています。 http://nana-music.com/