ゲームにおける暴力表現を追い求めるYoutuber、Valentin The Mad氏
見出し画像

ゲームにおける暴力表現を追い求めるYoutuber、Valentin The Mad氏

Namsan

みなさんはゲームにおける暴力表現を重視していますか。わたしはゲームにおける暴力表現が大好きなので、FPSなどのゲームをやっていると”このゲームは頭が破壊された時の血が少なすぎる!”とか、”ショットガンで足を撃ったのにもかかわらず破壊されないなんて、このゲームはやる気がない!”みたいな風に思ってしまいます。こういったものはゲームの爽快感に貢献しているので、多ければ多いほどいいのです。
ところがわたしは、わたしのようにゲームでの暴力表現をとても重視しているゲーマーたちはそこまで存在しないということに気づいてしまいました。大体の人は敵を撃ったときに血がたくさん飛んだり、剣で敵を斬ったときに首が取れたりすれば十分で、頭を強い銃で撃ったときに粉々になって血や破片が撒き散らされたり、敵の部位を破壊したときに暴力的なサウンドが鳴ったり、爆発で敵が粉々になったときに大量に肉や臓器が撒き散らされるみたいなのはそこまで求めてないという感じがします。ですが、わたしはそうではないので、そういった観点からゲームをレビューする人がいないかどうか探し続けました。
そして2016年の春、わたしはようやくそういった動画を投稿しているYoutubeチャンネルを見つけることができました・・・

Valentin the Mad氏が運営している、
その名もRandom Madness チャンネルです!

どういうチャンネル?

Valentin氏の動画チャンネルは、ゲームでの暴力表現に特化しています!
ここでどういった動画がアップロードされるかというと、
*ゴア表現レビュー
*暴力的なゲーム(新作や昔かは問わず)で、敵がどんな感じでバラバラになったり死んだり苦しめられるかというのを実演する

ゲームの暴力表現を増やすModを紹介する
*暴力表現が豊富にあるインディーゲームの開発者とのインタビュー
*彼の趣味であるギターと音楽
といった感じになっています。

ゴアレビュー

彼は様々な動画を一ヶ月に1-2回投稿していますが、彼の動画の中でも一番有名で興味深いと思われるものはGore reviewシリーズです。彼は様々なゴア表現があるゲームを取り上げ、どういったゴア表現があるかを説明し、4つのカテゴリでランク付けしていきます。
その4つのカテゴリとは・・・

BODY DAMAGE(身体欠損)30点満点

これは、そのゲームの人間や生物をどれくらいバラバラにでき、体を破壊することができるかという指標です。
どういう表現があれば高評価か例を挙げてみましょう:
+破壊できる敵の体の部位が細かく分かれている
+切断された断面や肉片などのデティールが細かい
胴体に大きな穴を開けたり胴体を真っ二つにできる
+敵の体につく、銃創や切傷などのデティールが細かい
火炎放射器で焼かれたキャラクターが灰や火傷だらけになる
こういった表現が丁寧に行われているゲームだと評価が高くなります。
反対に、
-損壊させることができる体の部位が少なかったり大雑把
-爆発で敵を粉砕した時の肉の量が少なくて迫力がない
-体力が多い上に体の部位を破壊することがほぼできない敵の存在
-威力が高い銃で敵を撃っても身体損壊が発生しない
-火炎放射器で敵を焼いても少し黒くなるだけ
のような感じだと、評価が低くなります。

ENVIROMENT(環境)30点満点

これは、殺したりダメージを与えた敵から出てくる血やエフェクトの量や質、あとはどのくらい死体や血などがゲーム内で残り続けるかという指標です。せっかく敵をバラバラにしても、すぐに消えてしまっては味気ないからです。
+血が周囲の場所(天井や壁や床やオブジェクト)に付着し、血糊の見た目に違和感がない
+ダメージを与えた敵や切断された部位から血が正しく吹き出る
+殺した死体から血が滲み出したり、坂道を滑り落ちていく死体が血の軌跡を地面に残していく
+死体や血が時間が経ったあとも残り続け、それらのオブジェクトが存在できる最大数にも余裕がある
このような配慮がなされていると、評価が高くなります。
反対に、
-血が敵から出てきても周囲の場所に付着しないで消えてしまったり、血糊の見た目が大きすぎたり小さすぎたり、重なって色が濃くなるなどで不自然
-切断された部位から血が吹き出なかったり、すぐ止まってしまう
-殺した敵から血がにじみ出たりせず、高い場所から死体が勢いよく地面に落ちたりしても血をまき散らしたりしない
-敵の死体や肉片や血が時間が経つとすぐに消えてしまったり、存在できる最大数が多くなく、戦いの後の血と肉で埋め尽くされた光景を楽しめない
こういった感じだと、評価が低くなります。

ANIMATIONS AND SOUNDS
(アニメーションと音声)30点満点

これは、敵を攻撃したときにちゃんとその攻撃に反応するかという指標です。銃弾があたった敵がそれにあまり反応しなかったりすると、反応を楽しめないので暴力度が減ってしまいます。
+銃弾や攻撃を受けた敵が痛がる動作をしたり、ショットガンのような重たい一撃だと衝撃で後方に吹き飛ばされたりする
+攻撃に当たって倒れた敵が痛みでしばらく苦しむような動きをし続け、そのあとにやっと死ぬ
+体力が減った重傷の敵の動きが痛みと傷で鈍くなったり、手足にダメージを受けた敵がその場所を抑えたりする
+攻撃が当たったときに、爽快感がある音がする 頭がショットガンで破壊されればグシャアという音が鳴り響き、剣で人が切り刻まればズシャアと肉が切られたような音が出てきたりする
+敵が状況に応じて喋る 元気なときはプレイヤーを挑発するような事を言ったり、攻撃を食らった敵は痛そうなのがわかる叫び声を上げたり、死にそうな敵はうめき声を上げたりして、敵が生きている感じを出す
+火炎放射器で火がついたキャラクターが絶命する瞬間まで混乱した状態で走り回ったり、腕を動かし続けたりする

こういった要素が重要視されます。
良くない例としては、
-銃弾や攻撃を受けた敵がそれに対して特に何も反応しない 痛みがないかのように無視してそのままプレイヤーを攻撃し続けたりする
-体力がなくなり倒れた敵は、特に苦しむ動作などをせずに即死する
-敵の動きは健康なときと瀕死のときで特に差はなく、手足を撃ったりしても特別な反応はない
-敵にダメージを与えても大きな声や悲鳴などを出さず、ロボットのような印象
などが挙げられます。


FEEL(感触)10点満点

これは、上に挙げた3つの要素から、全体的な印象を評価するものです。3つの要素がうまく組み合わさっていると判断されれば、評価は高くなる傾向にあります。
こうしてゴアレビューの採点はすべて完了ました。
そしてValentin氏が合計点数を発表し、そのあとに全体的な感想やゴア要素以外のゲームの印象などを話して終わりといった流れです。

終わりに

Valentin氏はこのように、ゲームのゴア表現を本気でレビューし、ゴア表現を構成している要素たちを見て評価しています。もしあなたが、この上に挙げられている評価点をみて”確かに、こういった表現が取り入れられているゲームは好きだな”と思ったのであれば、彼のチャンネルに行ってゴアレビュー動画を見に行くべきです。私はこういうゴアレビューをする人が世界にもっといても居ても良いと思っています。
あと、彼の動画はすべて字幕付きです。字幕がついているということは、私達のような非ネイティブスピーカーたちにも、比較的見やすいチャンネルということです。こういった配慮も、私がこのRandom Madnessチャンネルが好きな理由のうちの一つです。

Random Madness チャンネルへのリンク

あと、Valentin氏はギターを主に使ってロックまたはメタルなインストゥルメンタル音楽を単独で作曲しています。彼がつくった曲たちはゴアレビュー動画のイントロや、BGMとして使用されています。Valentin氏本人からぜひ彼の音楽についてもこの記事で紹介して欲しいと言われたので、ここにリンクを貼っておきます。

Valentin氏のギターソングの動画プレイリストへのリンク




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Absolutely thanksful
Namsan
ゲーム、ゲームでの暴力表現、英語、英語圏のインターネット文化などに興味があります。私は自分が好きだったり面白いと思ったものを広めたいと思って記事を書いてるので、当分の間は無料記事しか書かないと思います。コメントなどをしてくれると励みになります。