日本語のラップはHIPHOPの文脈だけで語れないほどの豊かさをすでに持っているってことがこの鎮座DOPENESSの動画を観たらわかるだろ?

日本語のラップはHIPHOPの文脈だけで語れないほどの豊かさをすでに持っているってことがこの鎮座DOPENESSの動画を観たらわかるだろ?

長尾スエオ
2016年の動画です。秋田県で行われた野外フェスの時の様子だそうです。
私はこれがすごく好きで、飽きずに何度も見てるんですが、これはもうアメリカのHIPHOPの日本ローカライズというレベルでは無くて、日本の話芸の最先端みたいなところにあるアートフォームのような気がしているのです。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとね。
長尾スエオ
会社員/WEBディレクター・マーケター/新潟県/1978年生