【軽井沢】倒立と四足歩行の研究〜リサーチ編〜
見出し画像

【軽井沢】倒立と四足歩行の研究〜リサーチ編〜

8月12日〜25日に渡邉尚さんと儀保桜子さんの2回目の軽井沢滞在を行いました!今回の滞在では、ふたつの美術館で渡邉さん達が映像作品の撮影を行いました。

8月12日に軽井沢に到着したお二人。まず向かった先は「ほっちのロッヂ」さん。

「ほっちのロッヂ」さんは長野県軽井沢町にある、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところです。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。

画像1

軽井沢駅から少し離れて、静かで自然に癒される場所でした。ここが最初の宿泊先です。

8月15日に、今回撮影する美術館の下見に行ってきました!

最初に向かったのは、軽井沢ニューアートミュージアムです。軽井沢ニューアートミュージアムは商業施設の建物を美術館として改装し2012年にオープンしました。具体美術をはじめ、戦後日本の現代美術を中心に世界で通用する作家を紹介する展覧会を開催しています。また海外のアーティストも積極的に招き、国の垣根を感じさせないスタイルを提示。現代美術の新しい領域への挑戦的な企画展も行っています。

画像2

今は「ロナルド・ヴェンチューラ展-内省」(2022年4月10日まで)が開催されていて、渡邉さんたちはこちらの作品の中で撮影させていただきました!この様子は創作編で!


次に向かったのは小海町高原美術館です!小海町高原美術館は八ヶ岳の麓、小海町松原湖高原に建っています。建物の設計をしたのは世界的建築家の安藤忠雄さんです。美術館の裏を回ると、美術館の全貌が見えます。緑とコンクリートが混ざり合った、不思議で優しい空間です。曇り空がマッチしていました。

画像3

画像4

学芸員の中嶋さんから小海町高原美術館について色々なお話を伺いました。「様々な芸術に出合う機会を、広く提供し、地域の文化活動の拠点」として美術の他に、音楽、ダンス、身体表現、演劇が繋がっていけたらとこれからについても話してくださいました。

画像5

今開催されているのは「スズキコージの大魔法画展」(2021年8月29日まで)です。なんと渡邉さんはスズキコージさんの大ファン!今回のコラボにすごく喜んでいました。渡邊さんとスズキコージさんの作品との撮影の様子も創作編で!

8月16日には、ホストである「油や」さんに宿を移しました。渡邉さんのInstagramにて「油や」さんで倒立をしている動画をアップしています。そちらもぜひチェックしてみてください!

次は「倒立と四足歩行の研究〜闊歩編〜」!

(文:石坂杏子)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長野県内各地に演劇やダンス、映像など様々なジャンルで活躍するアーティストやカンパニーが滞在制作するアーティスト・イン・レジデンスプログラム。長野県芸術監督団事業(津村卓監督事業)https://noa.nagano.jp/