見出し画像

棍棒を振る猿と重心を感じるアシカについて考える

2021年度初となる4回目の投稿です。前回からは1ヶ月以上空いてしまいましたが、今年も出来るだけ記事を上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

しかし、この4回目の記事は、完成するまでとても時間がかかってしまい、やや思考と執筆作業がイップス的になってしまった感があります。

最初は「ゴルファーの上達と情報の関係」を大テーマに掲げてメモを作り、全体の構成などを考えていたのですが、そこに「はやぶさ2」による宇宙からのお土産が届きました。

それを機に、自分の中でかなり壮大な話しとなり、そこから導かれた仮説的なモノへの検証を今年の課題として、2021年のレッスン活動をスタートさせました。

そして、新年のご挨拶で先輩とやり取りした際に、この仮説について意見を求めたら、「激しく同意します!」と賛同頂き、しばしメッセンジャーにて刺激的なやり取りでの意見交換をおこないました。

そんなことも励みとなり、「仮説の検証」というのは大げさですが、今年の目標としてはレッスンの現場において、より丁寧にコーチングしていこう!という気持ちになり、日々活動しております。

そんな想いでレッスンに取り組みながらゴルフ界を俯瞰していると、なんとなくその仮説がフィットするような様な事柄が目につく年明けとなり、ある種の憂い?をしばらく抱え込んでしまった感があります。

ということで、今回はいくつかのパートに分かれる構成となりますが、12月頃からの時系列を併せながら、この約1ヶ月以上にわたる考察を記事にしました。

今回の投稿は段落に分けての構成で、全7段落あります。

受け取り方によっては過激な内容を書いているのと、かなりの長文ということもあり、興味のない方へ垂れ流しても申し訳ないと思ったので、有料記事での公開とさせて頂きますが、自動返金機能はONにしておいたので、積極的にご利用ください。

では、スタートします!


先ず、第1段落に相当するのが、「ゴルファーの上達と情報の関係」です。

ご存知かもしれませんが、私、12月13日より約2年の休眠期間を経て、YouTubeチャンネルを再開しました。

いわゆる「ユーチューバーになる!」という意味ではなく、イエローページ的に「どんなレッスンをおこなっているのか?」を動画で紹介させて頂ければと思い、再び動き出しました。

12/13に公開した新しいシリーズは「Deep in Golf チャンネル シーズン2」という再生リストを作り、過去の動画と分けています。

その最初の数回は、現在レッスンで活用しているオリジナルの練習器具の紹介から入りました。ここで紹介した練習器具は、とてもレッスンの現場で活躍してくれていますが、それは練習器具としてゴルファーに対して伝える情報量が多く良質であることに起因すると感じています。

例えば「CG2タッチャブル」と名付けた練習器具は、スイング中にクラブに掛かる重力の方向を可視化してくれて、それによりクラブの動かし方や身体の使い方に気付きを与えてくれます。

この「CG2タッチャブル」を生徒さんに使ってもらう際には、「重力」という言葉を使って説明するので、何だか難しく感じるか?と思いますが、実際にやって頂くと、私が伝えようとしている部分はちゃんと伝わり、スイングが改善されるキッカケになっています。

これはジュニアゴルファーへのレッスンでも検証できました。小学校高学年の生徒くんに「重力」という言葉を使わず、「とりあえずやってみる!」的なアプローチでも、その情報は伝わりました。

この「CG2タッチャブル」と「ゴルフのハサミ」という練習器具は、10月に放送されたゴルフネットワーク「稲村亜美のゴルフ情報番組 ゴルフスイッチ!」で取り上げられたので、多少は反応があるか?れと思ったら、全くの無反応。

なるほど、これは、その放送において、この練習器具が、ゴルフ上達のための情報として伝わらなかったんだな、と感じました。

そういう意味では、今、ゴルフ上達のための情報はインターネットです。各ゴルフメディアが発信する情報に、ゴルフYouTubeのレッスン動画は、百家争鳴どころの騒ぎではありません。

この情報の発信に対して、付随するのが、ネット上の匿名による書き込み。匿名ではないのが前提のSNSもありますが、ネット上ではこの書き込みにより、人との交流を楽しむ場という役割が強いと思います。

しかし、そこに登場するのが、私が覆面処刑人と呼ぶ方々。

このネット上に登場するアンチと呼ばれる方々の存在は、昨年もいくつか大きな問題を生みましたが、依然、覆面処刑人の方々は暗躍している模様です。この年末年始にも残念な事件があったみたいです。

テレビの出演者やエンタメ系ユーチューバーなどを攻撃する覆面処刑人と、ゴルフ関連に登場する覆面処刑人は、チョット人種が違うと感じています。それは、同じゴルファーであるということ。

レベルは違えど、自分でゴルフをやる方々で、その中で自分なりの基準や想いをお持ちだということが、その文面から伝わってきます。

例えば、アマチュアゴルファーの方が自身のSNSに「レーザー距離計測器を買いました!」と投稿すると、

「その距離どおりに打てないのに、意味あるんですか?」

とか絡むパターンです。

以前、私もとあるゴルフライターの方と、クラブ長さに関して議論となり、困ったことがあります。

そのライターさんは、

「クラブは長いより短い方が打ちやすいのは物理的に見ても当然ですよね?」

との自説をお持ちでした。棍棒でヤシの実を叩き割る作業をおこなうなら、当てはまるかもしれませんが、やはり短すぎるとエネルギー量が稼げないので、ヤシの実を割るという作業に適しているか?はまた考察が必要になります。

このゴルフクラブは「長いより短い方がやさしい」という考え方は、かなり多くのゴルファーの中に存在していると思われますが、44インチのドライバーでも振りにくく感じるものは多々あり、46インチや48インチでも振りやすいと感じるドライバーも多々あります。

これがゴルフクラブの真実です。そして、当然そこには技術レベルも関係しますので、ゴルフクラブに対して

「長いのは難しく短いのがやさしいい」

と決めつけるのは、ゴルファーの利益には繋がりません。

このケースに限らず、ネット上のゴルファーの動向を見ていて感じるのは、ゴルフへのコンプレックスです。

なので、その反動でネット上の覆面処刑人となってしまったり、コンプレックスを満たしてくれるようなキャラクターのもとへ集まる傾向があると感じています。

私は、ゴルフの上手い下手のランクは、世界ランキングだけで十分で、それ以外は全て一山いくらの世界だと思っています。もちろん、自分もその一山いくらの中のひとつに過ぎません。

大切なのは、下手であること。これは、私が多くを学んだ古武術の黒田鉄山先生の言葉にあります。それは、黒田道場門下生となり、稽古に通うと、

「先ず、下手になりなさい。」

と言われます。

これは、

「駄目な稽古はいくらやっても駄目だが、下手な稽古でも型どおりに続ければ、いつかは上手くなれる」

という考え方に基づいています。

「一山いくら」の中で、下手なゴルファーと駄目なゴルファーに分かれるので、私は下手なゴルファーの方に居続けたいと思います。

こんなことを考えながら、

「では、ゴルファーにとって、本当に有益な情報とは何か?」

を模索していたら、12月6日に小惑星探査機「はやぶさ2」が、C型小惑星リュウグウから砂と大気のサンプル回収に成功して、その回収カプセルがオーストラリアの砂漠に帰着しました。

当時、そのニュースは知っていましたが、まさか、その後、ソレがこんな大きな衝撃をもたらしてくれるとは、思いもよりませんでした。


第2段落は、「はやぶさ2」は何を持ち帰ったのか?です。

それは12月18日木曜日のこと。茨城県のオールドオーチャードGCで毎月開催している、「SNS研修会」というラウンド会がおこなわれました。

この会は、オールドオーチャードGCのSNSページに「いいね!」した方ならどなたでも参加できるという研修会です。

私がホスト役を務め、毎回テーマを決めてスタート前に約1時間のレクチャーをおこなってから、18ホールを同伴ラウンドするという日程です。

その日、毎回の様に参加してくださる常連Sさんと一緒にプレーしている際、カート内での会話の中で、Sさんがふと仰ったのが、

「しかし、はやぶさ2のカプセル回収みたいに、生命や宇宙の起源についての研究が進んで解明されたら、宗教家の人たちはどうなっちゃうんだろうね?」

という言葉。

その時には、そのお言葉に対して、特に私は感想を返せませんでしたが、かなり深く心に刻まれました。

それから、このSさんの言葉を、深く咀嚼する日々がスタートしました。

しばらくは、噛み砕くのが精一杯でしたが、何となくその先が見えてきました。

この続きをみるには

この続き: 5,071文字

棍棒を振る猿と重心を感じるアシカについて考える

永井延宏

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ゴルフインストラクターとして、多くの悩めるアマチュアゴルファーの方と接する現場を大切にして仕事をしています。ブログでは、日々の探求や出来事に趣味の料理やグルメを綴っていますが、ココではアマチュアゴルファーの方のお悩み解決に役立つことを抽出して、発信していきたいと思います。