見出し画像

23歳の女の子に聞いた「ホテルへの誘い方」

 今年の6月に渋谷センター街のハブでナンパした女の子2人組と、なんやかんやその後も仲良くつながっておりまして、1〜2ヶ月に1回くらいのペースで我が家に遊びに来るようになりました。(エロ展開は一切なし)

 2人とも23歳の保育士です。

 いつもは誰かしら男友だちを誘って4人で宅飲みするのですが、先日は連絡をもらったのが深夜0時過ぎと遅かったので、私1人と女の子2人で宅飲みすることになりました。

 1人は我が家に来てからすぐに寝落ちしてしまったので、もう一人の子(Aちゃん)と朝まで話し続けることになったのですが、深夜のテンションも合間って、かなりディープな下ネタを真剣に話すことになったんですね。(しかも相手の子はお酒飲めないのでほとんどシラフ)

 普段なら異性に聞けないようなことを、お互い恥ずかしげもなく質問し合ったのですが、なかでも有益だったのが「ホテル(や自宅)への誘い方」についてです。

 女性とサシで飲みに行ってお店を出たあと、どのように誘えばドン引きされたり気持ち悪がられたりせずに受け入れてもらえるのか。

 私自身、これまで自己流でいろいろと考えながらチャレンジしてきましたが、そういえばそれが本当に効果的だったのかどうか、相手の女性にはもちろん、他の女性にも確認したことはありませんでした。

 これはいい機会だということで、Aちゃんの「こう誘ったらいいのでは?」というアイデアに加えて、私の誘い方についての率直な感想について聞いてみました。

 もちろん、あくまで「23歳・保育士のAちゃんにとっては」という前提がつきますが、朝になってもう一人の子(Bちゃん)にも聞いてみたところ同意していたので、同じような考えをもっている女性は多いのだと思います。

 まずはAちゃんのアイデアから。

この続きをみるには

この続き: 3,901文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
単品で購入すると合計30,000円以上になるところ、9,800円で今後の更新記事も含め、全て読めます。

noteで更新してきた全ての有料記事をまとめたパックです。今後更新される有料記事もすべて読み放題となります。記事の追加に伴い、値上げを...

または、記事単体で購入する

23歳の女の子に聞いた「ホテルへの誘い方」

なべおつ@渋谷で働く営業マンのナンパ日記

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
編集・ライター。ブログ「渋谷で働く営業マンのナンパ日記」が書籍化し11,000部を突破。『口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億の契約をとった件』(ワニブックス)。https://nabeotsu.com/