eペナントレース 第2節 ”非公式”プレビュー

今週は大阪からゆったりと見ようと思っています。 N-岡田でございます。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

eBASEBALLも開幕から1週間。今週でやっと全選手が登場となり、会場などの慣れも考えると実質的な開幕と言っても良さそうな二日間になりそうです。

また、今シーズン危惧されていた投手のスタミナ問題でしたが、正直なところ回復B以上を持つ投手ならガンガン使って良さそうですし、例えば埼玉西武なら去年同様に平井投手のほぼ全試合の連投は変わらない感じでしょう。

今回は手短に、セパ1カードずつプレビューしていきましょう。


「DeNA」VS「巨人」

今シーズンのセリーグを占う大事なカードです。昨シーズンのリーグ王者DeNA対今シーズンリアルのリーグ王者巨人の上位対決。

第1試合 大茂英寿選手(DeNA) VS 坂東秀憲選手(巨人)@ハマスタ
第2試合 高川健選手(巨人) VS 河合祐哉選手(DeNA)@東京D
第3試合 髙羽和宏選手(DeNA) VS 舘野弘樹選手(巨人)@クラウン
【使用OB 平松政次選手(DeNA) 斎藤雅樹選手(巨人) 】

第1試合 大茂英寿選手(DeNA) VS 坂東秀憲選手(巨人)@横浜スタジアム

開幕戦勝利をした両者のマッチアップ。
先週の戦い、大茂選手はいつも通りの高いナイスピッチ率と勝負どころのホームランが炸裂。坂東選手はギリギリの接戦を何とかサヨナラ勝ち。と勝ち方は違うものの良いコンディションで今週の試合に挑めるはずです。

見どころとしては横浜スタジアム(中堅117.7m 両翼94.2m)×巨人打線を大茂選手がどう抑えるのか。
正直な話、3失点以内なら充分と言えるレベルでカスってもホームランの選手が沢山いるジャイアンツ。
その強力打線を大茂選手がどこまで封じ込めるのか、とても楽しみなカードですね。


第2試合 高川健選手(巨人) VS 河合祐哉選手(DeNA)@東京ドーム

開幕戦は辛くも勝利したハマのエース河合選手を先週おやすみだった高川健選手が本拠地で迎え撃つ形の第2試合。

昨年度も同じマッチアップがありその時は河合選手(AO)が快勝しました。

画像1

試合展開としてはナイスピッチ率の差(ころころ39.0% AO72.7%)からも分かる通り、甘い球をしっかりとヒットにしていた河合選手が勝利した形。

そうなると、昨シーズン以上にナイスピッチ率の高さが必要である今シーズンのeBASEBALL。
今年初戦の高川健選手のナイスピッチがどれだけ出せるかは河合選手を抑えるためにも、もちろん注目になるでしょう。


第3試合 髙羽和宏選手(DeNA) VS 舘野弘樹選手(巨人)@クラウンスタジアム

今年初戦であるハマの軍師に立ちはだかるのは、「開幕戦初回先頭打者インハイ全ストナイピ確定弾」を放つなど9得点で快勝した舘野選手。

この試合間違いなく重要になるのは、レジェンドOBであるDeNA平松投手。

画像2

能力としては、当たり前のように「球持ち○」を所持。
そして、オリジナル変化球のカミソリシュートは「キレ○」の効果もあり見たこともない鋭い曲がりをする変化球になります。また球質も重く外野の頭を越す当たりは中々打てそうにありません。
さらに、ホームラン打者相手には「対強打者○」が発動し更に打ちづらくなり、最後に極めつけの「巨人キラー
こんな投手相手にしたくありません。

実質予告先発をされている舘野選手はこの最強ピッチャーを相手にどういう試合を見せてくれるのか、対する高羽選手は平松投手をどう巧みに操るのか、第2節のズームアップゲーム間違いなしの一戦です。


「オリックス」VS「楽天」

開幕節で王者ライオンズ相手に負けなしのバファローズは、昨シーズン最後まで順位争いをしたイーグルスとの一戦。
オリックス指宿キャプテンは交流戦へ備えるためか今節はお休みの様子。

第1試合 高川悠選手(オリックス) VS 三輪貴史選手(楽天)@京セラ
第2試合 岡田郁斗選手(楽天) VS 木村智亮選手(オリックス)@楽天パ
第3試合 松井徳成選手(オリックス) VS 井上将旭選手(楽天)@クラウン
【使用OB 平井正史選手(オリックス) 鉄平選手(楽天) 】

第1試合 高川悠選手(オリックス) VS 三輪貴史選手(楽天)@京セラドーム大阪

巨人高川健選手の弟としてeドラフト会議でも話題になったオリックス期待の新星高川悠選手が初見参。相手は2019シーズン初戦となる三輪選手。

その打棒はオンラインの界隈でも広く知れ渡っている高川悠選手が初のプロリーグの舞台でどれだけ緊張と上手く付き合えるのか、そして緊張とは無縁(?)の三輪選手とどんな戦いをするのか期待が膨らむ試合になりそうです。

またオリックスの山岡投手が「楽天キラー」持ちのため初戦の先発はあるのか、「調子極端」でもあるため調子の引きも大事になってきます。


第2試合 岡田郁斗選手(楽天) VS 木村智亮選手(オリックス)@楽天生命パーク宮城

開幕戦敗戦となった岡田選手は今週木村選手との戦いで初勝利を目指します。

両者ともに強振で本塁打を量産するイメージがある選手であるが故に、大事になってきそうなのはピッチングか。

先週、岡田選手はソフトバンク平山選手にナイスピッチ率40.0%とリーグワースト2位の数字を出してしまい、その結果失点がかさみ敗戦。
木村選手は西武緒方選手に引き分けたものの、ナイスピッチ率は36.4%とリーグワースト1位の数字。

ここからも分かる通り二人の打棒があれば、このくらいのナイスピッチ率は粉砕されてもおかしくないはず。
この試合で勝つためには何とかしてナイスピッチを出して相手の強振の強みを少なくする事でしょう。


第3試合 松井徳成選手(オリックス) VS 井上将旭選手(楽天)@クラウンスタジアム

開幕戦は引き分けスタートの二人。
総合力の高い両選手がレジェンドOBを引っさげてクラウンスタジアムで初勝利を狙います。

この試合の注目ポイントはオリックスのOB選手である平井投手。

画像3

157㌔と「球速安定」が合わさると中々打てないストレートに化ける事間違いなし。
更に強力なのは「勝ち運」を持っている点。スタミナもC62と高い数値であるため、「回またぎ○」を考えてロングリリーフ、あるいは先発で起用して味方打線のパワーを底上げしてくれるでしょう。

シーズン3位以内を私のMASA戦の負けで逃してしまった昨シーズン。元所属選手として、そしていちファンとして、今週は松井選手の戦いに期待せずにはいられません。

またイーグルスとしてもエースの井上選手は必勝でこの戦いに臨むはず。
とても熱い試合になりそうです。


今節は以上となります。
時間があればもう少し試合を詳しく見ていきたいですね。
今週は野球好き声優の藤田咲さん、渡部優衣さんも解説として参戦。これまで声優がゲストとして絡む事はあっても、試合の解説となれば話は別。どういう化学反応を起こすのか楽しみです。

また両方の試合を担当する田中一郎さんのゲーム解説にも各方面から視線が注がれそうですね。

それでは

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
2018年パワプロ・プロリーグのオリックス所属選手 / 2019年はeBASEBALL中継のゲーム解説者をしています / 週2回更新の目標でeBASEBALL(パワプロ)について書いています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。