新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「平日は仕事、週末はゲレンデ」──スノーボーダーのワーケーションスタイル

2021年3月、クラインガルテン妙高に滞在され、平日はハートランド妙高で仕事をし、週末は妙高のゲレンデでスノーボードを楽しまれたという。システムエンジニアのIさんにお話を伺いました。

なお、クラインガルテン妙高は宿泊施設がついた滞在型市民農園、ハートランド妙高は地域と都市をつなぐ交流施設で、妙高ワーケーションセンターの拠点です。同じ敷地内にあります。

もともとの「妙高とのゆかり」

──もともと、妙高とはゆかりがあったんですか?

ずっとスノーボードをしているんですけど、関西だと、冬のあいだ妙高に滞在して「働きながら滑る」みたいな人が結構いるんですよね。アルバイトしながらとか。

──「滑りたいから、アルバイトしながら妙高に滞在する」ってやつですね?

そうですね。プロになった関西のライダーの中にも、妙高にゆかりのある人が多くて。その関係で、彼らが主催しているツアーで、妙高には10年ぐらい前からよく来ていたんです。

月に1、2回。シーズン通して3、4回ぐらいは妙高に来ていますね。

──今回は、クラインガルテン妙高に1ヶ月滞在していらっしゃいましたが、どのようなきっかけで存在を知ったんですか?

ライダーさんで妙高に住んでいる知り合いがいるんですが、その人の紹介ですね。

「1か月単位で借りることができて、手ごろだから、土日に利用するだけでもいいんじゃない?」みたいな。その結果、1ヶ月ずっといることになったんですけどね(笑)

コロナ禍の影響で「1ヶ月妙高でテレワーク」

──もともとの予定は、どんな感じだったんですか?

コロナ禍もあって、テレワークをしているのですが、月曜日だけ会社にいかなくちゃいけないんです。なので、月曜日だけ関西に帰って、ほかの日はテレワークしようかなと思っていました。

その後、緊急事態宣言が発令されて「会社に来なくていいよ」ってなって、ずっと妙高にいることになりました。「ちょうどいいや」と。

──滞在しはじめて、クラインガルテンや妙高の印象はいかがでしたか?

まわりに人がいないので、のんびりしていていいなと思いました。クラインガルテンも、思ったより広かったのがよかったですね。

関西にいるときは、普段はほとんど車に乗らないのですが、妙高に来て車にばかり乗っています。「車って便利なんだな。自分の部屋にもなるし」って感じで(笑)

──普段の生活はどんな風に過ごしているのですか? 食べ物とか?

食べ物は関西からいろいろ持ってきていました。野菜なんかは、近くにあるとまとに行って買ってきました。

※「とまと」とは、妙高山麓直売センターとまとのこと。妙高山麓のとれたて野菜など、妙高の旬を販売する直売センター。食堂では、妙高の郷土料理などをいただくことができる。

あとは、時々コンビニへいったりとか、誘ってくれた知人と食事に行ったりとか。

土日なんかは関西から友達が来て、一緒に滑りに行きました。妙高のゲレンデはもちろんですが、野沢温泉などにも行きました。妙高からだと近いので。

システムエンジニアの「妙高での仕事のしかた」

──ところで、お仕事は何をしていらっしゃるのですか?

システムエンジニアです。

──妙高での1日の過ごし方って、どんな感じなんですか?

朝、6時~8時ぐらいに起きて、ご飯はあるもので簡単に済ませます。仕事は9時からですがちょっと前からはじめて、そのあとでハートランドに来るという感じですね。

モバイルルーターを持っているので、クラインガルテンでも仕事ができないわけではないのですが、ハートランドのほうがイスやモニターがあるので仕事がしやすいですね。あと、集中できます。クラインガルテンだと、つい、寝転んだりしてしまうので(笑)

画像1

※ハートランド妙高には、仕事ができるワークスペースがある。

──確かに、いろいろあると気が散ってしまいますもんね。仕事をするうえで、ハートランド妙高で「これがあるといいな」みたいなところはありますか?

テレビ会議をするときに話しやすい場所があるといいですね。会議があると分かっているときは、ハートランドではなくクラインガルテンでやっていました。あとは、給湯器があるといいかな。

※インタビューのあと、コーヒーが飲めるようになった。

都市部では体験できない「地域との交流」

──妙高に滞在していらっしゃる間、「せっかくなら」と、できるだけ交流する時間を作ろうと思って、食事や味噌づくりにお誘いしました。ぶっちゃけどうでしたか?

すごい楽しかったです。普段、味噌づくりなんてしたことがないですからね。交流はそれほど得意じゃないんですけど、いろんな体験はしたいんです。

距離感もちょうどよかったですね。一応、仕事をしに来ているので(笑)

画像3

画像3

※3月某日、ハートランド妙高の職員と行った味噌づくりの様子。

──Iさんが妙高に滞在されたのは、スノーボードと仕事が主な理由だと思いますが、もし、他の人にオススメするとしたら、どんな方にすすめたいですか?

スノーボードやスキーなど、妙高でやりたいことがある人にはオススメですね。あとは、親子で滞在して、子どもを遊ばせたりとかもいいかもしれないですね。

──確かに、お子さんが小さなうちだったらよさそうですね。あるいは、夏休み期間中とか。

そうですね。ずっと都会で育った人とかにはいいでしょうね。おばあちゃんちも都会だったら、こういう、自然あふれるところにはなかなか来れないですもんね。

──最後に、1ヶ月滞在してみて思うことがあればお願いします。

来年、また借りたいと思います。雪の状態のいい1月とかに。本当は、冬の間3ヶ月ぐらい借りられるといいんですけどね。

コーディネーターより

Iさんがクラインガルテン妙高に滞在されたのは2021年3月でした。平日はハートランド妙高で仕事をきっちりと行い、週末は趣味のスノーボードを楽しむ……仕事ぶり、生活ぶりを拝見しながら、客観的にみていても「こういった滞在スタイルはいいなー」と思いました。

また、ワーケーションは「ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語」と言われていますが、いちビジネスパーソンとしては、仕事は仕事として「ちゃんとやる」ことは、とても大切なことだと思っています。

そのうえで、週末はプライベートを楽しむ……こういった滞在スタイルは、テレワークができる今の時代ならではだと思います。Iさんのような、多様な働き方ができるようになると、仕事や生活にハリが出るのではないかと思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!