英国王女とハッカー
見出し画像

英国王女とハッカー

「いいかい、歯をカチッと噛んだらOKだ」

ダンスホールの天井には、カブトムシに擬態したドローン。
その眼を通して俺も見る。
骨伝導デバイスを通して彼女に情報を送る。

[ へレンズ公爵、昨年の夏にゴルフ ]
「またお会いできて光栄ですわ、へレンズ公爵。ゴルフは続けてるのですか?」

[ マーガレット、中等学校に入学したて ]
「あらマーガレット、新しい学校には慣れた?」

[ ターゲット発見、本当にやるのか? ]
[ (カチッ) ]
[ OK ]

ナルニア伯爵の携帯電話にジャックイン。
用意していた音声をストリーミング再生。
30才も年下の愛人の甘い声が響きわたる。

「これで一人完了だな。少しは気が晴れたか?」
数秒後、カチッと音が聞こえた。


王室の身勝手な理由で母親を失った気分はどのようなものだろう。
そして原因となった父親、国王と対面した時に彼女はどうするのだろう。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたの優しさ、嬉しく思います!
趣味で短歌や詩を詠みます。 あとはサービス開発も。 【自動1on1】https://auto1on1.studio.site/ 【社内雑談マッチ】http://cochat.html.xdomain.jp/