【初級 音読教材】英語人生、TOEIC900は全てここから始まった。
見出し画像

【初級 音読教材】英語人生、TOEIC900は全てここから始まった。

※この商品は、『音読テキスト 初級 』の、

・音声(MP3)
・テキスト PDFファイル(サイトより圧倒的に使いやすく見やすいです)

のセットが含まれています。

※テキストは無料公開中です。

レベル感を確かめるなど、試しに見てみてください。

---------------------------

本文

まさか自分が監修という立場で「英語の教材」を作る日がくるなんて思ってもいなかった。でも、作った。作ってしまった。いや、作らずにはいられなかった。「これだ!」という音読教材が一向に見つからなかったからだ。

「音読」は英語学習の命。

断言できる。TOEIC900点を含め、全英語学習者の上達への道のりは、全て「音読」から始まる。僕がそうだった。音読から始めるのが一番早くて確実なんだ。

今回の教材には、僕のそんな思いを死ぬほどに込めた。どうか紹介文だけでも僕の話を聞いてほしい。

出版社を通さなくても、英語の教材は作れる。むしろ、出版社を通すと利権がどうだの、この表現がどうだの色々とやかましい。そんな大人の事情は置いておき、なぜ音読教材を作ったか。

そう、満足のいく音読教材がなかったからだ。


---------------------------------------------


本教材の特徴・狙い

音読を通した、
・スピーキング力の向上
・リスニング力の向上
・語彙力(単語力)の向上
・長文読解スピードの向上
・類推力向上

音読の効果については、再三にわたってブログで述べて来ました。

端的に言うと、それら音読から得られる効果を全て詰め込んだプログラムを組みました。


音読2000時間のマニアな自分が作るからこそ、絶対に妥協したくないと進めてきました。みなさんの満足にも届くはずです。

リアルの知人だけに提供するのはもったいない、もっと多くの英語を志す方の役に立ちたいと思い、この度noteで販売することにさせていただきました。


スピーキング力の向上

音読が素晴らしい点の一つ、それはスピーキング力の向上。
音読は、ただ読むだけではなく、読んだ文章を一度自分の中に落とし込み、音声として発生しなければいけません。

そこでスピーキング練習の機会が生まれます。

あとで詳しく音声を紹介しますが、本教材はリピーティング音声も収録してあります。一度音声を聞いた後に、間が空いて、自分で喋らなければいけないトレーニングです。一般の英語教材にはないトレーニングです。一度聞いた音声を理解し、少し間が空いてから再アウトプットするトレーニングはまさしくスピーキングと同じことです。

リピーティングが特にスピーキング力の向上を助けます。


リスニング力の向上

音読はリスニング力をアップさせます。音読練習とシャドーイング練習がリスニング力アップに繋がります。音読は早いスピードで読んでいくので、そのスピードに合わせて文章を脳で処理する必要が出て来ます。この処理トレーニングが、まさにリスニングと同じ能力なのです。

リスニング力が苦手な理由は、聞き取れないよりも前に、英文を処理する速度が遅すぎる問題があります。まずは早く読めるようになことで、リスニング力は劇的に向上します。

(音声のダウンロード画面)

画像11


語彙力の向上

中学レベル・英検3級で求められる単語を積極的に文章内に散りばめました。
音読を通して、単語力の向上を図ります。

(英文と単語)PDFファイル

画像2


実際、単語を覚える一番いい方法は、文章の中で覚えることです。

単語帳を眺めるだけの勉強法が一番無意味です。前後の単語も組み合わさった「文章」として覚えることで、記憶がひも付き、単語の理解は早まります。

結果として単語力を上げる一番いい方法は「音読」です。


長文読解スピードの向上

1パッセージ約100ワード組み込みました。100ワードの英文を30パッセージ分、何回も周回することで、かなりの数長文を読んだことに相当します。

長文を黙々と読むトレーニングは苦痛でとても耐えらえるものではありません。それでも音読であれば、その辛さは10分の1以下です。

音読トレーニングでの周回が終われば、かなり英文を読むスピードが上がっているのが実感できます。



類推力の向上

全てのパッセージが物語形式、エッセイ形式、論文形式になっています。それぞれ意味のある文章が繋がっています。

関係のない例文が並んでいる教材ではありません。このような英文を読みまくることで、知らない単語でも意味を想像できるトレーニングができます。

物語の中であれば、知らない単語と出会ったとしても、おおよそ言いたいこと・意味が検討つくのです。

画像3

これが「単語の類推力」です。英語のレベルが上がるにつれ、全ての単語の意味を抑えることなど到底できません。私も日々、わからない単語に出会っています。それでも文章を読めるのは、こういった物語の中で文章を読解するトレーニングを積んできたからです。


本音読教材では、以上5点の力を身に付けることを目的にしています。


難易度は、中学・英検3級レベル

対象者は中学レベルの英語学習者です。社会人の英語やり直しの方、高校生の方、中学生の方を想定しています。

何から初めていいかわからない方は、必ずこのレベルからスタートして欲しいです。僕もここからスタートしました。

英検で言うと「3級」、TOEICでは「200-450点」の方を想定しています。

また、現役高校生で英語につまずいている方にも使っていただきたいです。


購入してくださった方の感想

僕は大の音読好きだ。いや、「音読バカ」だ。自分で音読バカだと言えるくらい音読を盲信している。

社内で人に教えたり、こうしたブログで情報を発信する立場になってからは今まで以上に音読教材を真剣にチェックするようになった。

現在のTOEICの点数は945点。正直、もう音読教材にあたる必要はない。それでも「もっといい音読教材はないのか」と躍起にならずにはいられなかった。

今までで僕が思う一番いい音読教材は、「音読パッケージ」だった。

僕自身これでスタートした。実際めちゃめちゃよかった。音読にのめり込むことができたのも、音読パッケージのおかげだと思っている。

音読パッケージは初心者には難しすぎた

しかしだ。
この教材、挫折者が多いのも事実なんだ。初級と言いつつ、文章が難しすぎる。しかも第一章に一番難しい文章がやってくる。これではとてもじゃないが、挫折者が増えて当然のように思う。

何を隠そう、僕も音読パッケージで挫折して2回英語勉強を辞めている。初心者にとって必要以上に根性が入りすぎる教材なのだ。

試しに読んでみてほしい。第一章からこの手の英文がバンバン飛んでくる。

画像4

音読初心者は、英語レベルに関わらず、とにかく簡単な文章を音読しまくるのが一番いい。英文の構造に身体を慣れされるのが一番。この点において英文は簡単であればあるほどいい。それがだ、音読パッケージ初級ではなぜかいきなり吐きそうな文章が飛んでくる。辛い。

この点をもっと改良したかった。中学レベルを絶対に越えないこと、そして中学レベルからやり直し英語をする人も使える音読教材を作りたかった。


(感想紹介)


僕がお世話になり、ひたすら感謝しかない音読パッセージではあるが、まだ少しだけ改良の余地があると思っていた。

・文章はシンプルに
・周回しやすいよう分量を少なく
・内容は物語にして"飽きにくいように"

この3点にこだわって、作成した。
実際に見てほしい。聞いてほしい。

英文サンプル

(スマホ画面)

画像5

音声サンプル

音声はネイティブの同僚に頼んだ。企業のナレーション音声を務めるガチ勢の二人だ。

(音声:男性)


(音声:女性)


リピーティング音声

音読だけではなく、リピーティングも絶対にするべきなので「リピーティング音声」も収録した。リピーティングはリスニング力とスピーキング力を一気に上げる。空白の時間で、音声をリピート音読してほしい。


2倍速音声

音読に慣れてくると、通常音声でのシャドーイングが退屈でならなくなる。
そのための2倍速音声も用意した。


音読のやり方・回数も全て指示・解説

特に初心者の方は、何を何回読んでいいのか困ってしまうのが普通だ。僕も当時は本当にこれくらいの量でいいのか、不安になりながら音読していた。
音読を死ぬほどやった僕の方から、回数は全て指定させていただきます。ただし成長によっては無視してもOK。初めてでわからない人は絶対に回数を守ってほしい。マニュアルに沿ってやれば、絶対に英語が身につくプログラムになっている。

中学レベルが完璧すぎて、高校レベルから始めたい人のためには「中級」を作った。


全31パッセージにおさえた

音読は何度も同じ文を読み込んでほしい。そのためには何度も周回するやり方をする。その上でパッセージ(文)が多いのも、かなりストレスになる。
死ぬほど音読をやってきた僕の所感としては、分量の少ないものを何周もするほうが音読の効果は高い。よって採用する文章を厳選し31パッセージにした。


PDFを印刷して使うもよし

ダウンロードしたPDFファイルを印刷して持ち歩くのもよし。
気づいた点をガンガン書き込んでいける。僕も英語教材は印刷して持ち歩くことは意外に多い。何かとメモを書き込みたくなるタイプではある。

画像10

画像11

画像11

各々使いやすい_形で活用してほしい。

(購入者の方の感想)


全ては音読から始まる

紹介は以上になる。最後に、TOEICだろうと英会話だろうと受験英語であろうと、絶対に音読をやってほしい。TOEICも英会話もクソもない。音読なんだ。英語において一番いい学習法は音読。ただし根性のある方向け。楽したい人にはおすすめできない。一緒に音読で人生を変えよう。

画像8

※購入者の方で音読に関する質問、英語に関することは何でもご質問ください。受付フォームよりお送りください!!



文章と音声ダウンロード(MP3)↓



この続きをみるには

この続き: 862文字 / 画像2枚

【初級 音読教材】英語人生、TOEIC900は全てここから始まった。

偏差値42の高卒がTOEIC900点を独学でとった勉強法

1,280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
偏差値40の高校を卒業後、地元企業へ就職。そこで待っていたのは同じ日々の繰り返し。現実に絶望しながらも、うだつの上がらない現状をなんとか打開すべく、とりあえず英語を猛勉強。一年間の努力の末、TOEIC900点を超える。 英語勉強の真髄は「音読」にあると考える。