見出し画像

バスマットではなく、サウナマットとして発売する方が良かったかもしれない。

親愛なるサウナーの皆様へ。本当は、おひとり様専用バスマットとして発売する商品でしたが、どうもヒアリングをすると、持ち運びできるサウナマットとして最適と声があがりました。

コンパクトバスマットとして、発売するつもりでしたが、マイサウナマットとして使用する人が多そうなら、商品名もサウナマットにしてしまうかも笑

この時期、どうしてもサウナに行くときに共用サウナマットは気になりますよね。このサウナマット(オーガニック316バスマット)と、IKEUCHI ORGANICの既存品のバスマットと比べると大きさが一目瞭然!

画像2

四つ折りした時の状態です。ハンカチ、とまではいきませんが厚手のフェイスタオルを持ち運ぶくらいの感覚です。

画像1

全国のサウナーの皆さん、ぜひ一度お試しになって感想お聞かせください!緊急事態宣言が開けたら、このマイサウナマットを持って、サウナにいきましょう!(刺繍を入れると、世界に一つだけのマイサウナハットになります)

商品ページはこちらになります。
https://www.ikeuchi.org/c/bath/gr25/316bathmat

バスマットの選び方のnoteも合わせてご覧ください。

皆様のサ活のお供になればと思っています。お読みいただきありがとうございました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
2073年までに赤ちゃんが食べられるタオルを創ることを目指す会社、IKEUCHI ORGANICの広報/マーケティングディレクター。タオルソムリエ。大学卒業後、映画製作会社→CCC→Amazon→縁もゆかりもなかった愛媛県今治市のIKEUCHI ORGANICへ入社。