新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【プレスリリース】2022.11/1 BIGOLIVE ✖︎ MUSIKER 業務提携のお知らせ

MUSIKER.inc

■PressRelease-お知らせ-


2022年11月1日

BigoServiceJapan株式会社が運営するLIVEコミュニケーションアプリ
「BIGO LIVE」とライバー事務所を運営する
株式会社MUSIKER
業務提携致しましたのでお知らせ申し上げます。

新型コロナウィルス感染症拡大の状況下における、
新たなビジネスモデルの構築を進めて参ります。
LIVE配信を用いたオンライン上でのコミュニケーションを軸とし、
独立したファンコミュニティの運営並びに
新しい働き方におけるサービスの活用を目指します。

■BIGO LIVEについて
NASDAQ上場企業JOYYの傘下にあるBIGO Technology(BIGO)は、急成長しているシンガポールのインターネット企業で、世界で30以上の営業拠点と6つの研究開発センターを持っています。人工知能技術によって、BIGOは動画ベースのアプリとサービスで世界150の国と地域で人気を博し、ユーザー数が4億に達しています。主なサービスは、BIGO LIVE(ライブ配信アプリ)、Likee(ショートムービーアプリ)、imo(インスタント通信アプリ)となっています。

『BIGO LIVE』は、日本やアメリカ、ヨーロッパ、韓国、東南アジアなど世界150の国と地域でサービスを展開し、全世界で3億を超えるユーザーを抱える人気ライブ配信アプリです。日本のライブ配信はもちろん、韓国、アメリカ、ヨーロッパの配信者も多く、海外の文化や、語学好きな方にもオススメです。業界初の試みとして、イベント入賞者の日本人配信者をアメリカ・ニューヨークのタイムズスクウェア広告のモデルとして起用。さらにシンガポールにて大規模なグローバルセレモニー開催する等、日本人配信者を世界の舞台へ導き、世界への夢を後押しするライブ配信アプリでもあります。
今、最も勢いのあるライブ配信アプリ『BIGO LIVE』の今後に注目!

BIGOLIVE公式HPより

■業務提携の目的

今回の提携により、BigoServiceJapan株式会社が運営するLIVEコミュニケーションアプリ「BIGO LIVE」へ弊社所属の配信者(以下、ライバー)の登録と配信中の投げ銭(ギフト)の売上を収益化することが可能になります。

総ダウンロード数4億件を突破し、世界150カ国の地域へ配信を可能とし、
弊ライバーのファンコミュニティ増強及び独立支援の一端を担う一歩となります。

改めて所属ライバーの育成とマネジメントに注力し、
継続的なスカウト活動及び事業拡大へより一層努めてまいります。

具体的には「BIGO LIVE」のプラットフォームを通じ、
所属ライバーに対し下記の取り組みを開始予定です。

1.ライブ配信の開催
2.サブスクリプションサービスの新規開設
3.ファングッズの新規制作
4.ファンイベントの運営
5.オリジナルブランドの立ち上げ
6.独立支援とフォローアップ

引き続き株式会社MUSIKERでは、
「Life is Contents-人生はネタだ-」をテーマに、
ライバーとリスナーの皆さまが夢中になれるようなコミュニティの運営と
個々の成長が価値化される世界の創造のために邁進して参ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!