見出し画像

No.528 待望のニューシングル「ドライブスルー」(新曲3曲)が2020年11月25日リリース予定 笑顔を届けるファンタスティック・ポップユニットの、マジカルでアメイジングで総天然色なポップチューンズが詰め込まれたアルバム「ENDROLL」(2019年)をご紹介!

ENDROLLジャケ1105

【アーティスト紹介】
「No.528」(ナンバーゴーニーハチ)は、女性ボーカル「MID」(ミッド)と男性スタンディングドラムス「HIGH」(ハイ)からなる2人組ロックポップユニット。

「MID」が作り出すキラキラしてエレクトリックでポップなメロディと感覚的で型破りかつ現実的で迫真性のあるリリックが、「MID」自身の透明感に満ちた伸びやかなキャンディボイスと「HIGH」の叩き出すパワフルでスーパーエキサイティングなドラムサウンドと一体化、ヒラメキとトキメキとキラメキが織りなす、マジカルでアメイジングで総天然色な「No.528」の音楽世界に昇華する。

「奇跡、理想への変換」をユニットの由来とする「No.528」、鮮明な彩りを与えるそのサウンドとリリックは、聴く者の気持ちを理想の未来に向かっていく勇気に変える。

「笑顔を届ける魔法使い」がテーマで「ファンタスティック・ポップユニット」を標榜する「No.528」。「MID」の可愛くてカッコよくて元気なボーカルと「HIGH」の溌剌としたスタンディングドラムパフォーマンスとの化学反応により、「No.528」はそのカラフルな楽曲の魅力をあますところなく表現し、まさに聴くものに今日も「笑顔」を届けている。

【作品紹介】
No.528(ナンバーゴーニーハチ)のニューアルバム「ENDROLL」(エンドロール)。

さまざまな人々が抱える日々の不安を吹き飛ばすような、希望に満ちた未来への始まりの予感を抱かせるアップテンポのハッピーなポップチューン、リード曲 M-1 「エンドロール」、逆らわずに、でも決めつけずに飛び越えていけば、今は漠然としているものもしっかりと心に感じていくことができる、そんな楽観的な気持ちにさせるアゲていくポップ M-2 「montage」、畳み掛けるドラムスと高揚感をもたらすボーカルが答えを与えてくれるエレクトロなポップ M-3 「answer」、それぞれの想いや愛の気持ちは違うかもしれないけれど、「MID」(ミッド)の伸びやかなボーカルを媒介にして、みんなが共振されていく M-6「Resonance story」、青と赤の間で、進んで良いのかどうかも分からず宙ぶらりんな「僕たち」の心を解き放つエネルギーに満ちた、ライブ定番曲のアップなポップチューン M-7 「Yellow」、不安で暗く切なくやりきれない日々の真っ直中から、はるかな希望の明日へと飛翔する、やっぱり「笑顔」のミディアムナンバー M-8 「サイダードロップメモリーズ」、曲名がPC(Mac)の「元に戻す」のコマンドの意味を持つ、ちょっと切ないポップサウンド M-9「Command Z」などなど。

キラキラ感あふれるメロディを練り込まれたリズムセクションがしっかりと支える、思わず笑顔にさせられるカラフルでマジカルなポップチューンズが全11曲!

℗ 2019 ***528 Project
© 2019 Music Asset Directors Inc.

【試聴はこちら】

【紙資料のダウンロードはこちら】

【歌詞はこちら
https://www.uta-net.com/artist/24876/

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
Music Asset Directors Inc. インディーズで活躍するアーティスト楽曲のプロモーション、デジタル音源の利用促進の営業、作品の著作権管理が主業務の音楽出版社です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。