Anisonin アコースティックでフォーキッシュに華麗に展開されるニューシングル「青春と骨」をご紹介! 「Anisonin」という多面体の新たな1面を、さらに窺うことができる1曲!
見出し画像

Anisonin アコースティックでフォーキッシュに華麗に展開されるニューシングル「青春と骨」をご紹介! 「Anisonin」という多面体の新たな1面を、さらに窺うことができる1曲!

210617_Anisonin_青春と骨750

【アーティスト紹介】
「Anisonin」(アニソニン)は、女性ボーカルの「anisonin」(アニソニン)とギタリストでトラックメイカーの「加藤俊一」(カトウシュンイチ)からなる2人組のエレクトロポップユニット。

「anisonin」が描く、文学的で情緒的で耽美的で、時に心を抉るように鋭角に切れ込み、時に優しく触れるように紡ぎ込み、身体と精神とを地続きに表現するリリックの広がりを、「加藤俊一」の発想力と創造力により精妙に組み立てられ築き上げられたサウンド空間。
時に夢の中に漂うようにエンジェリックな、時に衝き動かすように豪胆な、「anisonin」自身のボーカルが、そのサウンド空間の間口と奥行を大きく拡げ、好循環な連鎖を生んでゆく。

清濁正邪が混在するこの現実世界の中にあって、一筋の光を照らす、いま、注目すべきポップワールド!


【作品紹介】
社会が進歩の過程にあるという認識に基づけば、その進歩が結着する場は、人々が集う便利で都合が良い都会かもしれない。そのような安易な推察を打ち払うように、田園生活・田舎暮らしに向け、大きく針路を変えて進んでいくことは、また、複雑に絡まって脱出困難な人間関係の束縛から解放され、身体的にも精神的にも、潔さ、清々しさ、心地よさとともに、爽快で自由な気持ちを抱かせることかもしれない。そんな「Anisonin」のリリック世界が、アコースティックでフォーキッシュで牧歌的なトラックと、重層的で拡張的な効果をもたらすコーラスで奏でるサウンドにのせて華麗に展開される。
エレクトロユニット「Anisonin」という多面体を、ほんの1面、さらに窺うことができる1曲。

「Anisonin」のクセスゴのポップ感覚が、「anisonin」が歌う奇想の歌詞世界と「加藤俊一」の奏でるサウンドにより、渾然一体となり見事に昇華する!

Ⓟ & Ⓒ 2021 Music Asset Directors Inc.

【試聴はこちら】

【紙資料のダウンロードはこちら】

【歌詞はこちら】

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Music Asset Directors Inc. インディーズで活躍するアーティスト楽曲のプロモーション、デジタル音源の利用促進の営業、作品の著作権管理が主業務の音楽出版社です。HP: https://musicassetdir.jp