新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

No.528 笑顔を届けるポップユニット その有終の美を煌びやかに飾るラストミニアルバム「ハーフウェイ」 (2021年5月16日リリース!) ワクワクとした心持ちにさせる期待、そしてちょっぴりしみじみとセンチメンタルな気持ちを抱かせる全6曲をご紹介!

J写_No.528_ハーフウェイ750

【アーティスト紹介】
「No.528」(ナンバーゴーニーハチ)は、女性ボーカル「MID」(ミッド)と男性スタンディングドラムス「HIGH」(ハイ)からなる2人組ロックポップユニット(「No.528」は、2021年5月30日 (*延期・日程調整中) のワンマンライブ開催をもって、ユニットとしての活動を終了する予定です)。

「MID」が作り出すキラキラしてエレクトリックでポップなメロディと感覚的で型破りかつ現実的で迫真性のあるリリック、「MID」自身の透明感に満ちた伸びやかなキャンディボイスの可愛くてカッコよくて元気なボーカル、そして「HIGH」の叩き出すパワフルで溌剌としたスーパーエキサイティングなドラムサウンドとが、絶妙な化学反応により一体化、ヒラメキとトキメキとキラメキが織りなす、マジカルでアメイジングで総天然色な「No.528」の音楽世界に昇華する。「奇跡、理想への変換」をユニットの由来とする「No.528」、鮮明な彩りを与えるそのサウンドとリリックは、聴くものの気持ちを理想の未来に向かっていく勇気に変える。
2021年5月16日に「笑顔を届ける魔法使い」がテーマで「マジカルナイト・ポップユニット」を標榜する2人組のラスト音源となるミニアルバム「ハーフウェイ」をリリース。

2021年5月30日(日) (*延期・日程調整中) 渋谷eggmanでのラストワンマンイベントライブ「HAPPY.528~サンキュー!ラスト幸せスパイラル!」 をもってユニットとしての活動に終止符を打つが、「No.528」は、今日も、そしてこれからも、聴くものに「笑顔」を届ける!

(*) 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の東京都での実施期間延長を受け、予定されていた2021年5月30日(日)のラストライブは延期となりました。
延期日程等、詳細は、決まり次第、アーティスト公式HP (https://no528hz.amebaownd.com )にてご案内するとのことです。

【作品紹介】
笑顔を届けるポップユニット「No.528」(ナンバーゴーニーハチ)の、その有終の美を、華々しく煌びやかに晴れやかに飾るラストミニアルバム。

空の青さのような清々しさと心の奥を「きゅん」とさせるような温かみを感じさせ、心を弾ませるポップ。初めて見る景色に胸をときめかされ、今までに築いてきた確かな道のりを踏みしめながら、これから始まる幸せの予感を抱いて新しいステージに上っていく晴れ晴れとした気持ちを抱かせる M-1 「ソルフェ」。
パーカッシブに空間を切り裂くギターと胸の鼓動を早鐘のように高鳴らせるドラムスと、浮遊感を漂わせるボーカルのイントロから、一転、気持ちを一気に開放するストリングスによる解放感あふれる展開が繰り広げられ、音楽の魅力を存分に感じさせるポップ M-2 「note」(ノート)。畳み掛けるドラムスとボーカルの波状的な絡み合いが心地良く、聴くものの身体を包み込んでいく、ロックでエレクトロなポップはライブ人気曲 M-3 「maybe maybe」(メイビーメイビー)。
旅立っていくものとこの場にとどまるもの、変わっていくものと変わらないもの、きっかけがあっても前に行けないもどかしい気持ちや、時の経過へのあらがいやためらい、思い出される笑顔、そういったさまざまが綯い交ぜの感傷に満ち、エレガントにハードに胸に沁みわたるセンチメンタルで低重心のポップ M-4 「bell」(ベル)。生きているという感覚を呼び覚ますエネルギーをチャージしつつ、優しく気持ちに穏やかさとリラックス感をもたらして、小川のせせらぎのようなゆらぎや安心感を与えるポップ、「No.528」クラシックスともいえる人気曲の2021年モデル、 M-5 「深呼吸 2021-愛 am forever ver.-」(シンコキュウ ニーゼロニーイチ -アイアムフォーエバーバージョン-)。
上空を浮かび飛ぶドローンから自分自身が俯瞰的に映し出されているような錯覚をもたらし、これから長くずっと続く夢の旅路を直感させるサウンドとリリック、緩急自在に気持ちを高ぶらせるリズムセクションとダイナミックに心舞い上がらせるコーラスが、道半ばにいる人の背中をモチベーティブに押してくれるポップ。スリリングにエモーショナルにラストミニアルバムのラストを飾る、タイトル曲でリード曲の M-6 「ハーフウェイ」。

圧倒的に胸に迫る透明感に満ちた伸びやかなキャンディボイスのボーカルと、爆発的に適時適確に響きわたるドラムスとに、胸を熱くさせられ、これからの新たな道の一歩に向けた胸のすくような決意と、そこはかとなくワクワクとした心持ちにさせる期待、そしてちょっぴりしみじみとセンチメンタルな気持ちを抱かせる全6曲!

℗ 2021 ***528 project 
© 2021 Music Asset Directors Inc.

【試聴はこちら】

【紙資料のダウンロードはこちら】

【No.528の歌詞はこちら】
https://www.uta-net.com/artist/24876/

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
Music Asset Directors Inc. インディーズで活躍するアーティスト楽曲のプロモーション、デジタル音源の利用促進の営業、作品の著作権管理が主業務の音楽出版社です。HP: https://musicassetdir.jp