見出し画像

ATOMIC MINISTRY 「朝倉みずほ」のテクノユニットの1stシングル フラワー・サイケデリックな楽しい歌詞も印象的で、希望とポジティブな思いを感じさせるポップチューン「BIG LOVE」!

画像1

【アーティスト紹介】
「BELLRING少女ハート」「夏の魔物」「THERE THERE THERES」での活動を経て、現在は「SAKA-SAMA」のサポートメンバーとしても活躍している
「朝倉みずほ」のテクノユニットとして2019年7月より活動スタートした「ATOMIC MINISTRY」(アトミックミニストリー)。

「MIGMA SHELTER」(ミグマシェルター)などのディレクターである田中紘治(タナカコウジ)がサウンドプロデューサーを務め、ユニークなサウンドと歌詞が特徴の楽曲をパワフルなパフォーマンスで魅せる。
そして、いよいよ、待望の1stシングルを2020年11月11日にリリース!

【作品紹介】
現在「SAKA-SAMA」の強力サポートメンバーとしても活躍している「朝倉みずほ」のテクノユニット「ATOMIC MINISTRY」の待望のデビューシングル。
次の一歩を踏み出すように繰り出されるテクノサウンドにのせて、無機的なものと有機的なものを巧みに融合する「朝倉みずほ」のボーカルにより、多幸感を抱かせ、希望とポジティブな思いをそこはかとなく感じさせるポップチューン、フラワー・サイケデリックな楽しい歌詞も印象的な「ATOMIC MINISTRY」のアンセム、リード曲のM-1 「BIG LOVE」、ダークに揺らめき、静かに高揚するエレクトロなサウンドを駆動力に、アンドロイドの夢を垣間見るような歌詞を「朝倉みずほ」のボーカルが牽引して、不思議で愉快な世界に聴くものを惹き込むポップM-2 「Electric Sheep」の2曲と、それらのインストバージョンを収録。

アイドル・デビューから「朝倉みずほ」を長年プロデュースしてきたAqbiRec(アクビレック)の田中紘治(タナカコウジ)がサウンドプロデュースを手がけ、「朝倉みずほ」ならではの優しさと鋭さを備えたボーカルとパワフルなパフォーマンスを繰り広げる!

所属:TRASH-UP!! RECORDS
℗ 2020 TRASH-UP!!
© 2020 Music Asset Directors Inc.

【試聴はこちら】

【紙資料のダウンロードはこちら】

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
Music Asset Directors Inc. インディーズで活躍するアーティスト楽曲のプロモーション、デジタル音源の利用促進の営業、作品の著作権管理が主業務の音楽出版社です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。