見出し画像

校庭カメラガールドライ 「ウルトラアイドルラップコレクティブ」を標榜し、ポップカルチャーシーンの先端を駆け抜けた3人組女性ユニット 惜しまれつつ活動を終了した彼女たちの1stフルアルバム「Dawn by Flow」(2019年)をご紹介!

画像1

【アーティスト紹介】「校庭カメラガールドライ」(コウテイカメラガールドライ)は、「ウルトラアイドルラップコレクティブ」を標榜する3人組女性ユニット。
メンバーは「うぉーうぉーとぅーみー」、「きゃち まいはー」、「ぱちょと んぱ」で構成。
(アルバム「Dawn by Flow」リリース時のメンバーは「らみた たらった」、「きゃち まいはー」、「ぱちょと んぱ」の3名。)

確実でアップトゥデイトなクラブミュージックのテクノでエレクトロなトラックと、しっかりと情感も伝えきるスキルに裏打ちされたラップとが巧みに融合した、先進的なサウンドで次世代のポップカルチャーを担う「校庭カメラガールドライ」。本格的なサウンドシステムを導入したライブを敢行したり、海外(カナダ)にてライブパフォーマンスしたりするなど、ライブにも定評がある。

2018年夏、全国ツアー「Rainbows over Paradise tour」を成功させ、初のミニアルバム「New Way of Lovin'」(ニュー・ウェイ・オブ・ラヴィン)を発表。
2019年1月23日、次のステップとなるファーストアルバム「Dawn by Flow」(ドウン・バイ・フロウ)を、2019年8月21日にシングル「Be There EP」を配信開始している。
* アーティスト名「校庭カメラガールドライ」にある「ドライ」とは、ドイツ語の「3」の意味。

(「校庭カメラガールドライ」は、2019年10月30日に東京代官山のUNITにてラストワンマンライブを開催し、グループとしての活動を終了しています。)

【作品紹介】
「校庭カメラガールドライ」(コウテイカメラガールドライ)の初のフルアルバム「Dawn by Flow」(ドウン・バイ・フロウ)が配信!

しなやかながら繊細さも兼ね備えるフロウとライミングが、リフレインするリズムのバックアップにより映えるリード曲 M-1 「Josephine」(ジョセフィーン)、ギターのフレットノイズが効果的に使用された静かなイントロから、4つ打ちがゆっくりと盛り上げる M-3 「No Reaction」、フューチャリスティックでエレクトリックなダンストラックと、クールなボーカルが心臓を揺らす M-4 「Speed Test」、シンセキーボードとシンセベースの電子音が浮遊し周囲を振動させ、巧みなラップフロウが聴く者を粛々と高揚させ、それらが相まって夜空を飛翔する感覚を与える M-8 「Seek」、洗練されたボーカルとライミングが躍動感を伝え、陶然とした多幸感を抱かされるダンスサウンドのラスト曲 M-9 「With You」をはじめとして、新感覚で近未来的な次世代のポップカルチャーを牽引するに違いない「校庭カメラガールドライ」が送り出す全9曲!新しいスタイルが、ここに確かにある!

℗ 2019 tapestok records
© 2019 Music Asset Directors Inc.

【試聴はこちら】

【紙資料のダウンロードはこちら】

【歌詞はこちら】

https://www.uta-net.com/artist/24891/

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
Music Asset Directors Inc. インディーズで活躍するアーティスト楽曲のプロモーション、デジタル音源の利用促進の営業、作品の著作権管理が主業務の音楽出版社です。HP: https://musicassetdir.jp