見出し画像

Los An jewels リアルでアップトゥデートなクリエイティブと、キュートでクールな感覚を輻輳させるHyper pop rap girls unitが放ったシングル3作品「Springs」「Tonight」「Drink Up」(2020年)をご紹介!

【アーティスト紹介】
「Los An jewels」 (ロサンジュエルス)は、「Japanese hyper pop rap girls unit」を掲げた女性ユニット。
(注:2020年4月28日リリース時点のメンバー編成は「らいら らい」、「さてぃす ふぁくしょん」、「ぬるまゆはうす」。現在(2021年4月13日)、「Los An jewels」のメンバーは「Fizzney」(ふぃずにー))。

あの「校庭カメラガールドライ」を手掛けたtapestok recordsが打ち出す、新たなラップグループ。
Trapをベースとした、Gabber、Hard Techno、Ska、Melodic Punkなどの音楽エッセンスで満たしたグローバルレベルのトラックと、可憐でありながらスキルフルで、聴く者を惹きつける3人のラップとボーカルとが融合し、洗練度と先進性の高いサウンドを提供する。
2020年4月から5月にかけて、3週連続シングルリリースの後、2020年7月22日にシングル「Rainbows」をリリース。
フェイクがはびこる世の中にあって、リアルでアップトゥデートなクリエイティブとキュートでクールな感覚を輻輳させて、「Los An jewels」が新世代のミュージックシーンを駆け抜ける!

【作品紹介】
2020年4月28日から同5月12日にかけて、3週連続配信リリースされたシングル3作品「Springs」「Tonight」「Drink Up」のご紹介です。

「Springs」
2020年4月28日リリース(収録曲:1. Springs 2. Monotone)
アルペジオとコードストロークのギターが印象的で、花冷えはするけれどもだんだん春めいていく新しい日々の気配が感じられるメロディックなM-1「Springs」。M-2「Monotone」は、アンニュイなラップフロウを、幻想的なシンセと浮遊感のある低音部とがアンビエントに聴く者の気持ちを落ち着かせる秀作。

画像1

「Tonight」
2020年5月5日リリース (収録曲:1. Tonight 2. Dali)
フューチャリスティックに高揚感を与えるスピードのアップテンポで重心の低いリズムトラックに、しなやかでたおやかなラップフロウとライミングが小気味好くまとわりつくM-1「Tonight」。
サウスのヒップホップを彷彿とさせながらも涼しげに響き渡るトラックに、興味深く胸に刻まれるパンチラインが気持ちよいM-2「Dali」。

画像2

「Drink Up」
2020年5月12日リリース(収録曲:1. Drink Up 2. Hey)
スムーズに跳ねていくリズムと等間隔に刻まれるシンセキーボードに、エフェクトをかけたラップとコーラスとが爽やかに心地良く愉しく気持ちを震わせるミディアム・アップM-1「Drink Up」。
M-2「Hey」は、思わず惹き込まれるミニマルでシュアなリズムトラックに、可憐にフロウする巧みなラップと、高音でコーラスとシンセが溶融する佳曲。

画像3

所属:tapestok records
℗ 2020 tapestok records
© 2020 Music Asset Directors Inc.

【紙資料のダウンロードはこちら】

【歌詞はこちら】
https://www.uta-net.com/artist/28453/

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
Music Asset Directors Inc. インディーズで活躍するアーティスト楽曲のプロモーション、デジタル音源の利用促進の営業、作品の著作権管理が主業務の音楽出版社です。HP: https://musicassetdir.jp