見出し画像

Flex3「Stay Home」/¥1500

ひろきさん

【重要なお知らせ】===========
この度販売サイトをリニューアルいたしました。
お買い求めは、このnoteからではなく
以下のサイトからお願いいたします。

※noteの方はしばらくしたら閉じる予定です。
再ダウンロードされる方もお早目にお願いいたします。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。
======================

PDFデータの入ったZip.ファイルにて販売しております。
ご購入いただくと一番下にダウンロードボタンが現れます、そこからダウンロードいただけます。

Flex3(フレキシブル3重奏)について簡単にご説明させていただきます。

スコアはinC表記のみです。

パートは以下のようになっています。

【Part1】

inB (Cl./S.Sx./T.Sx.)
inC (Fl./Ob./Vln.)
inC8vb (Bsn./Trb./Euph./Vc.)
inEs (A.Sx.)


【Part2】

inB (Cl./T.Sx./Trp.)
inC (Fl./Ob./Vln.)
inC8vb (Trb./Euph./Vc.)
inEs (AltCl./A.Sx.)
inF (F.Hrn./E.Hrn.)
Viola


【Part3】

inB (Bs.Cl./T.Sx.)
inC (Bsn./Trb./Euph./Tuba/Vc./St.B.)
inEs (B.Sx.)
inF (Hrn.)

-----------------

組み合わせは自由ですが基本的には同じ楽器(木管/Sax/金管/弦)同士の組み合わせが一番上手く鳴ります。ここに指示していない楽器で演奏するのもOKです。

BariTubaなどの低音だけのアンサンブルも可能ですがこの場合Part2の音域がPart1よりも上にある形になりますのでバランスを考慮してください。

Trp.とCl.やFl.の組み合わせなど音量バランスを取るのが難しい場合はTrp.にMuteをつけるなど工夫すると良いでしょう。

Part3(低音)はオクターブの上下が選択できるパートもありますが楽器の組み合わせに応じてハマるところを決定していただければと思います。

ぜひ演奏いただければと思います♪

この続きをみるには

この続き: 43文字 / ファイル1個

Flex3「Stay Home」/¥1500

ひろきさん

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ひろきさん
作編曲やら楽器の演奏しています。面白い音楽作っていけたらと思っています♪楽譜の販売も試験的に始めています。