『絶対に受けたくない無駄な医療』(室井一辰著,日経BP,2014)(110回・完結)医療側による「医療の再設定」が不可欠
見出し画像

『絶対に受けたくない無駄な医療』(室井一辰著,日経BP,2014)(110回・完結)医療側による「医療の再設定」が不可欠

室井一辰

【第110回】

 医療側による「医療の再設定」が不可欠

この続きをみるには

この続き: 1,700文字 / 画像1枚

『絶対に受けたくない無駄な医療』(室井一辰著,日経BP,2014)(110回・完結)医療側による「医療の再設定」が不可欠

室井一辰

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
室井一辰
医療経済ジャーナリスト。14年に『絶対に受けたくない無駄な医療』(日経BP)、19年に『世界の医療標準からみた受けてもムダな医療してはいけない手術』(洋泉社)、『続 ムダな医療』(日経BP)刊行。https://isshinmuroi.com/