SNS活用が農泊推進の鍵 デジタル分野研修
見出し画像

SNS活用が農泊推進の鍵 デジタル分野研修

村井宗明(DXエンジニア・元文部科学大臣政務官)

先日、農林水産省さんのご依頼で、デジタルデータを使って、どうやって農泊に集客をするかの講演をさせていただきました。その資料を公開します。

画像1

全国農協観光協会は農山漁村に宿泊して食や体験を楽しむ「農泊」を提供・推進する人に向けた人材育成研修を東京都千代田区で開いた。旅行会社の東武トップツアーズでデジタル分野の責任者を務める村井宗明氏が講演。農泊地域に人を呼び込むインターネット交流サイト(SNS)の活用方法などを伝えた。オンラインも併用し、農泊経営者やJA、行政の職員ら約人が参加。研修のテーマは「農泊地域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を活用した新たなマーケティング」。農水省の農泊推進対策事業の一環で、昨年7月に1回目を開き、今回は5回目。

村井氏は「SNSを活用した、できる範囲のデジタル化が農泊を前進させる」とし、利用者の多い6つのSNSについて講演した。利用者が最も多いSNSは「リピーターの獲得に効果的」と説明。農泊の予約受け付けや利用者のニーズに合わせた農産物の販売、農泊プランの提案などの幅広い使い方ができるという。

資料はこちら

Slidesheare版 ←左・右→ のフリックで資料をめくれて読めます。

資料のダウンロード


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
村井宗明(DXエンジニア・元文部科学大臣政務官)

ありがとうございます。 よろしくお願いします。

スキを押していただき、ありがとうございます
村井宗明(DXエンジニア・元文部科学大臣政務官)
DXエンジニア。特にSNS用API開発とデジタルマーケティングが専門、DXに関する講演活動など。 元文部科学大臣政務官。東日本大震災の2011年に史上最年少で衆議院災害対策特別委員長。 https://www.muraimuneaki.net