⑤調停二回目。以外にも夫はやってきた。しかしその主張は彼女の要望とは真っ向から対立するものだった
見出し画像

⑤調停二回目。以外にも夫はやってきた。しかしその主張は彼女の要望とは真っ向から対立するものだった

前回の記事→ ④離婚調停が始まった。調停なら離婚できると思っていたのに第一回目で大きな落胆。 ←の続きです。

まさか夫が出席すらしないという結果に終わった一回目の調停

それでも彼女は離婚成立を目指して2回目の調停に臨んだ

すると以外にも夫は調停にやって来ました

彼女の要望を優先順に並べると
①夫と離婚する
②2歳の息子の親権者となる
③別居中の生活費や養育費を払ってほしい
④これまで受けた苦痛に対して慰謝料を払ってほしい

これに対して夫の主張は
①離婚はしない
②離婚するなら親権者は父親
③勝手に出ていったんだから生活費は渡さない
④慰謝料は払わない。慰謝料を払うようなことはしていない

全項目に置いてほぼ真っ向対立です。

これは調停が長引きそうです

あるいは、合意できずに調停不成立になる可能性も高い

この続きをみるには

この続き: 1,794文字

⑤調停二回目。以外にも夫はやってきた。しかしその主張は彼女の要望とは真っ向から対立するものだった

元警察官👮‍♂️ケイ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
元警察官👮‍♂️ケイ

いただいたサポートは、今後の情報発信のために活用させていただきます。どうかよろしくお願いします

ありがとうございます。Twitterで感想・ご意見をお待ちしてます
警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu