見出し画像

交番警察官の三交代(三交替)勤務は、実は超絶ブラック勤務

こちらのブログ記事→警察官の勤務形態その1 三交代制    で紹介している警察官の勤務態勢のひとつ三交代勤務

このnoteでは、警察オフィシャルのホームページなどでは絶対に紹介されることのない本当のブラックな実態をお伝えします。


三交代勤務はそれほど悪い勤務ではなさそうだけど・・

三交代勤務は一見するとそこまで悪くない勤務体制にも見えます

当番日の24時間勤務が終われば、非番日の朝には仕事が終わり、さらに翌日は休日です。

3日間のうち、ほぼ2日間の休日があるように見えます

24時間勤務はつらいけど、それを乗り切ればほぼ2日間の休みが待っている

そう考えれば、そこまで悪い勤務体制ではなさそうです

そうなんです、この通りならそこまで悪い勤務体制ではないんです。

ただし、この通りの勤務であれば、の話です


しかし、実態は全然ちがいます

交番警察官の三交代勤務は、壮絶なブラック勤務です

元警察官ケイ


毎月100時間を超える膨大な時間外勤務、さらには休日出勤の日々です

特にひどいのが若手新人警察官。

飲み会や合コンなど、プライベートでの夜の予定なんてほぼ無理です

確実に行ける飲み会は唯一、顔を合わせたくない職場の飲み会くらいのものです。

精神は蝕まれ、休日はぐったり寝て終わる

また次の勤務が来るのが怖い

そうなるのが交番警察官の三交代勤務です



三交代勤務がブラックになるのは構造的な問題

そこには構造的な問題があるのです。

三交代勤務は、残業や時間外勤務をしないことはほぼ不可能な構造なのです。


交番警察官の三交代勤務がブラックになるパターンは、主に3つあります

一つ目は、交番勤務が24時間で終わらない

勤務終了時間が近づくほど怖くなる

二つ目は、交番勤務が終わってもそこから長時間の時間外勤務

構造的に長時間残業せずに三交代勤務が成り立たない理由

三つ目は、若手警察官はすぐに休日に強制出勤

すぐに辞めたり、病気になったり、失踪してしまう若手が後を絶たな理由

この3パターンです。


では、都道府県警察の公式ホームページには載らない本当の三交代勤務の実態を紹介します


1、交番勤務が24時間で終わらないパターン

この続きをみるには

この続き: 5,141文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

警察官の勤務はどれほどブラックで厳しいのか、また階級社会・縦社会と言われる警察組織のパワハラはどれくらい酷いのか、 警察官を約10年勤めた…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後の情報発信のために活用させていただきます。どうかよろしくお願いします

ありがとうございます。Twitterで感想・ご意見をお待ちしてます
5
警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu