マガジンのカバー画像

お知らせ

12
森と踊るからの取り組みやプロジェクトのお知らせです。
運営しているクリエイター

記事一覧

2022年5月 みらいの森 木こり体験プログラム実施しました

こんばんは。森と踊るのずーやんです。 「NPOみらいの森」さんとの木こりプログラム、今年も開催しました。 みらいの森さんのウェブサイトに体験レポートが掲載されましたのでぜひご覧ください! みらいの森さんは、児童養護施設で暮らす子どもたちのために、アウトドアプログラムを通じて生涯の糧となる体験を創り出し、幸せな実りある成長をサポートしているNPOです。 森と踊るの設立直後からのご縁で、毎年継続して子どもたちをお迎えして、人にも森にも良いふれあいをつくってきました。 毎年子

スキ
2

【イベント】5/21(土)息を吹き返す森の木こりガイドウォーク

私たち森と踊る株式会社は、森をさまざまな木々や生き物が共存する環境に戻すために、「植えない林業」を通じて、森の復興・復元を目指しています。 虫や鳥や目に見えない菌糸などの森・自然が本来持つ力を最大限引き出して、人にも環境にもやさしく、安全で豊かな全てが調和した森を育んでいきたい。 だから手に入れる木材よりも、切り株が残る森側の未来を大切に想っています。 そんな取り組みを、私たちは「森業」と呼んでいます。 今回、『息を吹き返す森の木こりガイドウォーク』では、「森業」=従来の形

スキ
4

森と踊る木こりフェス2022 開催しました!

Photo by 青木賢 4月17日(日)に、今年も無事に森と踊る木こりフェスを開催しました! 「森とゆるもう、感じよう」 「森とゆるもう、感じよう」をテーマに開催した今年のフェス。 色々と検討を重ねた結果、私たちの「森」にぐっとフォーカスを当てて、森を知ること、私たちの森の中だからこそ体験して欲しいことに絞ったプログラムをお届けしました。 何か目立ったアクティビティをするというよりも、私たちがコツコツと時には手作業で森に寄り添いながら手を入れて来た森の心地良さをみな

スキ
2

2022年4月10日 食べ森クラブ活動レポート

こんにちは。森と踊るのむーさんです。 4月の『食べ森クラブ』。 今回も最高の天気に恵まれ、仲間と共に春爛漫を満喫することができました。 森の恵みがたっぷりな春の森! いつもはそれぞれの好きなことをそれぞれのペースで自由にやり出す食べ森メンバー達ですが、今回ばかりはみな向いてる方向は一致してのスタートでした。 何といっても旬の筍(タケノコ)です!!! 子供たちもタケノコ堀りを楽しみにしていました。 始まりのあいさつを終えたら一目散でタケノコポイントまで移動。 今年は

【イベント】5/22(日)菌ちゃんファーム式土づくり講座〜今、注目の環境にやさしい土づくりの実践〜

"土の中の菌と枯れ草が仲良くなるとおいしい野菜がたくさんできる?!" 菌と仲良くなることでいい野菜ができることは自然栽培をする多くの人が知るところ。そのことをさらに突き詰め、枯れ草などの炭素分を使って糸状菌に着目したのがこの「菌ちゃんファーム」式土づくりです。 この方法は九州の佐世保にある「菌ちゃんファーム」の吉田俊道さんが全国各地で紹介しています。 吉田さんの動画はこちら : https://www.youtube.com/watch?v=8LQw7RX5Ytg 今回は

スキ
6

【イベント】5/15(日)食べ森クラブ体験会

※連続プログラム 食べ森クラブへのご参加を検討されている方向けの体験会です 『食べ森クラブ』は、「食べられる森をつくろう!」を合言葉にして始まった月に一度のプログラム。 何月からでも始められて、開始月から1年半の間に12回が活動期間です! 今回は、このプログラムにご興味がある方に向けて、5月の活動日を公開し、体験会として実際の食べ森クラブを体験して知っていただく機会を作りました。 連続プログラムですので、次回募集がいつになるかも分かりません。 ピンときた方は、まずはぜひ

スキ
1

新プロジェクト「恩方くらしラボ」が始まります!

この新プロジェクトを担当するタケです。 このプロジェクトでは、私たちの森に隣接する耕作放棄地で、くらしと自分の内側を豊かにしていく実験をしていきます。まずはその土地を開拓し、「野菜づくり」という自然との対話をしていくことからスタート。 自然との対話は自分との対話。そばにある森とも対話しながら、どんなインスピレーションが湧いて、そこから何をしていくか模索していきます。さらにはこの里山(森と畑)が周辺とのコラボレーション(協同)やコクリエーション(共創)へと広がっていくかもし

スキ
1

森と踊るが野菜と踊る!

こんにちは! 森と踊るのずーやんです。久しぶりの投稿ですが、皆さまお元気ですか?! 2月だというのに暖かい日が続いてますね。森の中では随分薄着でも汗をかくぐらいです。 森の中もまた新たなエリアが整って来ました。(そちらの様子はまた別の機会に投稿しますね。) 今日は森と踊るの新たなチャレンジを皆さんにお知らせです。 森と踊るで、森に加えて、里での活動を始めます。 この数年、森を通じて、自然界がいかに循環しているかを知り、ヒトもその循環の輪の中で果たせることがいっぱいあるなと

スキ
1

【森と踊る 緊急事態宣言 緩和します】

【森と踊る 緊急事態宣言を緩和します!!】 みなさんこんにちは。 森と踊るのずーやんです。 森と踊るでは、新型コロナウィルスの広がりを拡大させないために4月5日より、森でのイベントの中止・延期、また施主様宅にての工事の延期をさせていただいてました。 それによりご不便をおかけしたこともあったかと思いますが、意図を汲んでご協力をいただき、ありがとうございました。 さて、この度森と踊る株式会社では、緊急事態宣言を緩和します。 9月に入り、コロナ渦の状況も未だ完全には沈静化

【森と踊る 緊急事態宣言】

みなさん こんにちは。森と踊るの三木一弥(ずーやん)です。 日本、世界で今起きてること、新型コロナウィルスの広がりを感じ、さらに、「未来に僕らは何を紡ぎたいのか」を話し合い、その結果として、「森と踊る株式会社」は政府をはじめとした外の世界の判断を待たず、自主的に緊急事態だという選択をします。 そして森と踊るの活動は経済活動を含め、全て不要不急だということを選択しました。 ついては、経済活動を含む森と踊るの全活動(オンラインでの活動及び人との接触をせず個人で可能な活動を除

森と踊る木こりフェス2020 延期のお知らせ

森と踊るのずーやんです。 毎年春に開催してきた「森と踊る木こりフェス」 今年は4/26に予定していましたが、延期することにしました。 私は普段森にいて、こんな時だからこそ、森の中の方が安全であらゆる命の網の目で守られている感じがします。こんな時だから皆さんには森で過ごしてもらいたいと思いますが、森まで来るために電車やバスなどの利用を促すことはできないとの判断です。 今は静かに、自分のためにも隣人のためにも可能な限りコロナウィルスの拡散を防ぐことにみんなで取り組むことに

「じぶん共創塾」が森で開催されます!

こんにちは、ずーやんです。 今週末、「じぶん共創塾」というステキな取組に、ゲストとしてご一緒することになりました! https://note.mu/jibunkyoushttps://note.mu/jibunkyoushttps://note.mu/jibunkyoushttps://note.mu/jibunkyoushttps://note.mu/jibunkyousou/ 僕、ずーやんには、じぶんを生きるきっかけにもなった人との出会いがいくつかあります。そのひとつ

スキ
2