モリホタル
オンライン英会話始めました
見出し画像

オンライン英会話始めました

モリホタル

こんにちは、モリホタルです。
今日は日中特にやることがないので、抄録を英語に翻訳し、オンライン英会話の予習をしております。

ここ最近の変化と言えば、大学生ぶりにオンライン英会話を始めることにしました。
というのも、海外で働いてみたいという不純な動機なのですが。2ヶ月後に海外行きチケットをゲットできるような行事があり、それに出るために準備をしなければならなくなったので、本気で準備が必要なのです。

最近英語のレベルが著しく低下しており、「英語は発音だけきれい」というハッタリの自分が非常に嫌になりまして。毎夕podcastでshadowingはしているのですが、2ヶ月たってもなかなかうまく自分が言いたいことが英語で出てこないので、わたくし語学学習についていろいろ考えました。

語学はバランス

一般的な勉強でもそうですが、inputとoutputのバランスが非常に重要と考えます。※ここで言うinputとは、reading、shadowing、listeningを、outputとは、speaking、writingを指します。
論文は読めるけど、全く話せない医師、まあまあいますよね。でもその方達って、vocabularyは非常に豊富なので、少しoutputの練習を積めば、きっとすぐ話せるようになるんだと思います。
私のように、podcastでshadowingをしたって、自分でoutputするというよりかは、発音とlisteningの練習になってしまい、inputに偏っていると感じました。

自分の弱みを知る

これがなかなか難しいけど一番大事な点ですよね。
「英語ができない」というのは、speakingができないのか、vocabularyが足りていないのか、listeningが壊滅的でなんて言ってるのかさっぱり理解できないのか、自分とじっくり相談しなければなりません。
私の場合、
・speakingしようとする姿勢はあるが、言いたいことがvocabularyが足りなくて表現できない。
・簡単な単語でも口をついて出てこない。単語想起の瞬発力が足りない。
・英語的な言い回しができない。
でした。
ここまで見えてきたので、これらを改善するにはどうすればいいかを潰していけばいいということですね。

Vocabularyの増やし方

家にあったキクタンに毎日触れようかな、とは思っていますが、どうすれば新しくinputしたvocabularyをoutputに持っていけるか悩んでいます。
作文でもしてみようかしら。
どなたか教えてください。

瞬発力の付け方

この本を研修医1年目ぐらいのときにやっており、一生懸命やったところの簡単な構文はすぐに口からついて言えるようになりました。
なので、ある程度は形を自分の中で落とし込むというのは重要なのかもしれません。
瞬発力のoutputになって、ペースメーカーになるようなsystemが何かあるかな〜と熟考したところ、私がよく聴いているこのpodcast、すごく好きなのですが

登場人物のもりおさんが実践しているというCallan methodに着目しました。

Callan methodとは

詳しくはgoogleに聞いていただきたいのですが、型としての英語の言い回しをどんどんoutputしていくsystemです。通常の4倍の定着力があるのだとか。
まあ定着力は英語に触れる時間と相関するのだと思いますが、教科書を見ずに、指示に従ってどんどん文章を変形していくので、瞬発的に考えなければならないですし、それを口から発する必要もあり、魅力的だなと思いました。
ただ、弱点として、「英語が古い、イギリス英語に偏りすぎている」との意見が散見されていて、それを克服するようなprogramを探しておりました。

R.E.M.S

見つけました。
QQ EnglishR.E.M.Sというprogramです。
どちらかというとアメリカ英語で、くせのない英語構文を使っていること、Callan methodよりすこし緩いprogramになっており、こんなあほな私でもできそうかな、と。

Level check test

2回体験授業ができるので、level check testを受けました。
お恥ずかしながら5段階中の3というレベルでした。ちょうどさまざまな文法をどんどん学ぼう、的なレベルで、まあ今の私には合っているのかなと、納得でした。

オンライン英会話の選び方

オンライン英会話は、非常にoutputの場になります。
大学5年生の時、病院実習で留学生が回っており、その人たちとコミュニケーションがとりたい!という理由でオンライン英会話を150回ぐらい受けました。
その時は安さ重視でレアジョブを選びました。当時はレアジョブ、DMM英会話、native camp、ECCぐらいしか選択肢がなかったと記憶しています。
今はさまざまなオンライン英会話が台頭してきており、それぞれにニーズに合ったところを選べばいいと思います。
今回はCallan methodを導入しているところで探したので、比較的絞られました。最終的には24時間受け放題のnative campと迷いましたが、Callanをするにはさらにコインが必要になるので、ちょっとがっかりして、回数制限のあるQQ Englishにしました。
むしろ回数制限あった方が、無駄にならないようにやるぞ!という気になれるんじゃないかなと思いまして、月16回コースで契約しました。

今後に乞うご期待

いや、別に期待してもらわなくて結構なのですが、できれば皆様にいいご報告ができるように、進捗状況をぼつぼつと呟ければなと思っています。

あー、頑張らなきゃな〜。
一応、紹介リンク貼っておきますね。もしよければ体験授業を受けてみてください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
モリホタル
ばりキャリ外科系専攻医。縦社会の組織にもまれて、ストレスフルな毎日を生きるアラサー女子。 趣味を見つけてQOLを上げるためにぽちぽちと言葉をつむぎます。