マガジンのカバー画像

「ポルトガル食堂」馬田草織

20
ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹…
運営しているクリエイター

記事一覧

肉じゃが新時代!うま味と辛みが新鮮な「辛子高菜肉じゃが」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 ごはんのおともや豚骨ラーメンのト…

紋白蝶
1年前
24

漬物特有のうま味がくせになる「白菜春雨帆立缶の辛子高菜煮込み」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 漬物特有の発酵で生まれるうま味は…

紋白蝶
1年前
46

じゃがいもと生クリームさえあれば!フランス家庭料理「グラタンドフィノワ」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 寒い時期こそ、求む高乳脂肪分、求…

紋白蝶
1年前
63

生クリームをうまく使ってずるい味「クリーミーすぎる明太子パスタ」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 老舗イタリアンのシェフに、料理の…

紋白蝶
1年前
122

グリルポテトの新境地「がりっと香ばしいクリスピーポテト」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 クリスマスのチキンのつけ合わせに…

紋白蝶
1年前
48

ふわっと軽くて酸味爽やか「雪降りサワーポテサラ&おまけのポテサラホットサンド」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 じゃがいもを使ったサラダ、それ…

紋白蝶
1年前
94

うまみとほろ苦さがぎゅっと凝縮「大人のさくさくスナック・ケールチップス」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 近所に、行きつけの小さなイタリアンレストランがあります。そこには野菜オタクのシェフがいて、お店に伺うと、いつも奥の厨房ででっかい身体を屈めて料理をしています。やがてオーダーされた料理の調理がひとしきり終わると、グラス片手にとびきりのにこにこ顔で現れる。そのシェフのやりきった表情がこれまたいいつまみになるという、キャラの濃いお店。そこで冬に食べた、大人のスナックのような野菜料理をご紹介します。 この料理はなにしろシン

やめられない止まらない「かりほく里芋のり塩味」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 いも達がはしゃぐ秋。野菜売り場の…

紋白蝶
1年前
150

引き立つ甘みがお酒を呼ぶ「カリフラワーのスパイシーグリル」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 すかっと秋晴れの日は本当に気持ち…

紋白蝶
1年前
33

「砂肝のポルトガル炒め」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 こりっと、あるいはむにゅっとした…

紋白蝶
1年前
20

なすのポテンシャルを引き出す妄想キャビア丼「なすとベーコンのしっとりごはん」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 新米の時季は、米で呑みたい。今回…

紋白蝶
1年前
31

新米の季節は米で呑む!「ポルトガル風いかご飯+モーリョ・ヴェルデ(緑のソース)」

紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 さあ、新しい媒体での「ポルトガル食堂」が始まりました…

紋白蝶
1年前
40

10年の歴史から厳選!馬田さんおすすめのベストレシピ!!

※この記事は2022年7月23日にcakesに掲載されたものです。ここに掲載されたレシピは、「紋白蝶…

紋白蝶
2年前
112

海の幸と山の幸が一皿に!「豚とあさりのアレンテージョ風」

今回のおつまみは 素材の組み合わせがちょっと「!」です。 その名も 「豚とあさりのアレンテージョ風」 豚肉とあさりが主役です。 山と海の素材がひと皿になったこの組み合わせは はじめての人も多いはず。 しかもうま味食材の代表格コンビなので、 おいしさ倍増です。 このおつまみは、 ポルトガルの南部・アレンテージョ地方の代表的な料理 「Carne de Porco a Alentejana(カルネ・ドゥ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ)」を 簡単にアレンジしたもの。 ポルトガル