マガジンのカバー画像

「ポルトガル食堂」馬田草織

10
ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

なすのポテンシャルを引き出す妄想キャビア丼「なすとベーコンのしっとりごはん」

前回の記事はこちら 紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 新米の時季は、米で呑みたい。今回…

紋白蝶
1日前

新米の季節は米で呑む!「ポルトガル風いかご飯+モーリョ・ヴェルデ(緑のソース)」

紋白蝶読者のみなさま、こんにちは。 さあ、新しい媒体での「ポルトガル食堂」が始まりました…

紋白蝶
2週間前

10年の歴史から厳選!馬田さんおすすめのベストレシピ!!

※この記事は2022年7月23日にcakesに掲載されたものです。ここに掲載されたレシピは、「紋白蝶…

紋白蝶
1か月前

海の幸と山の幸が一皿に!「豚とあさりのアレンテージョ風」

今回のおつまみは 素材の組み合わせがちょっと「!」です。 その名も 「豚とあさりのアレンテ…

紋白蝶
2か月前

連載を代表する名レシピ「たらとじゃがいものピポグラタン」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

紋白蝶
2か月前

優しい味の「たこごはん」とワインで体の芯からほっかほか

みなさんこんにちは。 2月は寒さが続きますね、 風邪やインフルエンザ、大丈夫ですか? 寒さ…

紋白蝶
2か月前

食欲をかきたてる薬味に、イワシと相性抜群の梅干しの「イワシ梅だし茶漬け」

ポルトガル料理をつくっていると、ときどき思わぬ仕事が舞い込みます。以前、イワシ缶、つまりオイルサーディンを使った料理レシピの依頼がありました。オイルサーディンを使って、つまみから麺類、ご飯ものまで、思いつくものを考えてくださいというもの。雑誌掲載後の反響が良かったようで、最近『さば缶&イワシ缶5分でうまい!やみつきレシピ』(日経BP)という書籍にもなりました。今回は、そのレシピの中から、とくに気に入っている夏に食べたいものをいくつかご紹介します。 それにしても、なぜ私にイワ

スキ
7

冬の甘みを堪能する新しい常夜鍋「とろみ鍋」

cakes読者のみなさま、こんにちは。 底冷えするほど寒いからこそ、おいしくなる冬野菜。「う…

紋白蝶
2か月前

そら豆を皮ごと食べる新しい味「クリスピーそら豆」

そら豆の薄皮問題、というのが私の中にずっとありまして。ある春の日、ポルトガルの友人の家で…

紋白蝶
2か月前

寒さも本番、今食べるべき「とろり長ねぎとハムのグラタン」

2022年最初の「ポルトガル食堂」は、長ねぎを使ったグラタンのレシピを紹介します。実は今が旬…

紋白蝶
2か月前