【前兆】国内で有感地震が少ない~大地震の前に有感地震が停止する「静穏期」はあるか?
見出し画像

【前兆】国内で有感地震が少ない~大地震の前に有感地震が停止する「静穏期」はあるか?

■はじめに

このところ、国内で有感地震の数が少なく、特に関東圏ではその傾向があるようだ。
世界、特に環太平洋に目を向けると、8/13のサウスサンドウィッチ諸島M8.1の地震以来、環太平洋でM7クラス以上の地震が目立つ。

過去の例を見ると、このあたりで大規模な地震があると、その後に環太平洋を震源が北上して、南米→北米→アリューシャン列島→オホーツク→東日本と大地震が連鎖することが多かった。

そのあたりのことは、このマガジンの下記の8/19号で詳しく解説した。

その後に日本、特に東日本のオホーツクプレート上で大きな地震が起きることを懸念していたが、いまだに起きていない。
いや、正確に言うと、全く起きていないわけではなかった。
そのことは後述する。

では、今は日本では大きな地震が起きる前の「静穏期」なのだろうか?
そこで、日本で歴史に残るような大地震が起きる1週間前から、日本でどれだけ有感地震が起きていたかを調べてみた。

====無料購読エリアここまで====

この続きをみるには

この続き: 4,808文字 / 画像40枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
他の科学者などの人々があまり着目しない観点も含めて、様々な要素を参考にして、地震予測の精度を上げています。このマガジンでは特に、短期的前兆などに着目して予測します。なるべく初心者にもわかりやすい表現を用います。また質問も受け付けます。

TVや週刊誌でもお馴染みの地震前兆研究家・百瀬直也が、黒潮の流路や気象現象など様々な要素を駆使して、首都直下地震・南海トラフ巨大地震などの…

または、記事単体で購入する

【前兆】国内で有感地震が少ない~大地震の前に有感地震が停止する「静穏期」はあるか?

百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー

よろしければサポートをお願いします。家族を養う職業ライター・ブロガー・研究者なので、助かります。

スキありがとうございます。noteデビュー間もないですが、頑張ります。
地震前兆研究家、超常現象研究家、ノンフィクションライター、ブロガー。書籍『予言!天変地異』・雑誌『月刊ムー』・Web『TOCANA』など執筆。『探求三昧』等ブロガー暦15年。テレビや週刊誌でも紹介される。地震予知・予測・予言・スピリチュアル・健康関連のノートを公開中。妻はタイ人。