新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

気づけば2020年も下半期に突入していた。

190.ウィズ・コロナでまたしてもぼくらは「分断」を生きるのか?

いまにして思えば、3月4月のころはまだ平和だった。すくなくとも、ひとは新型コロナウイルスという未知の相手を前に、いわば「ウイルスvs人類」という体で一丸となっていた。

ところがいまはどうだろう。「ウィズ・コロナ」の時代とはすなわち、この(相変わらず)未知のウイルスに対する異なる価値観を持った人間同士が無理やり共存を強いられる時代となった。

敵はもはやウイルスではなく、自分とは明らかに相容れない考えの持ち主へと変わった。自分は罹らない、たとえ罹ったとしても重症にはならないからと平気で街を出歩くようなひと、反対に、マスクをせずに外出しているひとを忌々しげに、それこそバイ菌でも見るかのように扱うひと、それぞれがそれぞれにとっての「敵」となった。

この風景はどこかで見覚えがある。そうだ、3.11のときにもまったく同じことが起こったのだった。放射能という「見えない相手」を前にいつしか人と人とがいがみあうような分断を生み、なんら修復されないまま現在に至っている。

日本人は、わずか10年も経たないうちにまた同じことを繰り返すのか。分断が、はたしてこの国によいことをもたらしたか、よくよく考えてみればいい。情けないことだなあ。知恵という道具を捨てた人間は、もはやただの動物にすぎない。

科学的にはともかく、人間は精神的には進化しない生きものなのかもしれない。そうなれば、そろそろ「ノアの箱舟」の出番だろう。

画像1

191.注文の多い美術館

この続きをみるには

この続き: 1,685文字 / 画像1枚
記事を購入する

気づけば2020年も下半期に突入していた。

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
5
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。