見出し画像

今週の日記|空想Clubhouse

2月22日 「田んぼに落ちた人」の部屋

話題のClubhouseについてはいまのところやる予定はないのだけれど、自分だったらどういう「部屋」を作るだろう? ということはよくかんがえる。現時点での最有力候補は、

「田んぼに落ちた人」の部屋

である。はたしてどの程度の頻度で「落ちる」ものなのか、都会っ子の自分にはいまひとつよくわからないのだが。

ぼくの場合、父親の仕事の関係で2年半ほど暮らした静岡で自転車ごと落ちた経験がある。中1の初夏だった。ときにネタとしてしゃべったりするけれど、実際のところはわりとトラウマだったりもする。

余談だが、マンモス団地を遊び場に育ったぼくは、子どもの頃、エレベーターホールで滑って頭部を強打し救急車で病院に担ぎ込まれた経験もある。田んぼに落ちたこととあわせると、控えめに言って「二冠」達成。

ところで、ひとことで「田んぼに落ちる」といってもその落ち方は千差万別なはず。そこに惹かれる。他のひとの体験談もぜひ訊いてみたい。どんなシチュエーションで落ちたのか? 落ちたその瞬間なにを考えたか? また、田んぼに落ちた経験はその後の人生にどんな影響を及ぼしたか?…… なにより「田んぼに落ちる」を「カジュアルな臨死体験」として言語化することで、あのおぞましい体験を浄化し、解放されたいという思いもある。落ち田んぼ供養。

と、まあ、そんなことをつらつらと考えていたら、田んぼに落ちたときの話をnoteに綴られている方の記事を発見。そう、それそれ! とごんごん頷いてしまった。

ちなみに、ぼくの「田んぼに落ちた」経験のキーワードは「タイタニック」、そして「人生で最もうつくしかった夕日」です、はい。

スクリーンショット 2021-01-06 11.27.03

この続きをみるには

この続き: 3,094文字 / 画像1枚
記事を購入する

今週の日記|空想Clubhouse

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
10
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。