新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

半径5メートルへのあこがれ

187.タテに話す。ヨコに話す。

ここ最近、というのはつまり新型コロナウイルスの蔓延以降ということだが、同じメンバーで週末にオンライン飲み会をしている。毎週、夜が更けるまで飽きることなく5時間くらいおしゃべりをするのだ。まったく、我ながらどうかしていると思う。

参加メンバーは5人。仕事はそれぞれバラバラとはいえ、年齢も関心事もわりと近いのでとにかく気楽だ。けっきょく、後になって思い出すと毎週おなじ話題を肴におしゃべりしている気がするのだが、仮にそうだとして、誰からもウザがられないのはいわゆる「同級生トーク」ゆえに許された特権かもしれない。

ただ、ぜんぜん違う世界を生きているひとや、年の離れたひとと喋るのもとても楽しい。ひとつひとつの話題が自分にとっては新鮮な驚きがあるし、聞く側に回って、いま夢中になっていることや心配事など話してもらうのもそれはそれで刺激になる。

気のおけない同世代の友人たちとの対話をタテに掘り下げるイメージとすると、年の離れた知り合いやふだんあまり接点のない人たちとの対話は、自分の生きる場所をヨコに拡張してゆくイメージといえるだろう。

店をやっていたころには当たり前のようにできていたそうした「ヨコの対話」が、いまとなってはとても恋しい。隅々まで知り尽くした「池」で安住するのも悪くないが、やはりぼくはときには「海」にまで出て、「うわ、しょっぺー」と嬌声を上げてみたり、あるいはときにはちょっと怖い目にあってみたりすることを心のどこかで望んでいるのかもしれない。

画像1

188.半径5メートル

この続きをみるには

この続き: 2,282文字
記事を購入する

半径5メートルへのあこがれ

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
6
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメント (3)
「白線流し」!!松本が大好きなのに「白線流し」は観ていないのです。そのことを、数年に一度、気にしています。
号泣して目がはれるので観ない方がいいです。笑
それは!私も再放送を願います🌠
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。